はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

がんばらない方が上手くいく

前回「努力は報われるか」ということについて書きました。私達の世代では、何かを達成するには努力をすることや、がんばることは普通のこと、当たり前のこととされてきました。

努力が報われるのは、たまたまその努力が報いるような恵まれた環境にいただけ

この文章を読んだときに私は、「目標達成には努力が必要だが、必ずしも努力が報われるわけではない」という意味が込められているように感じました。

実は、私は今までに「自分は努力した」「がんばった」といえるような経験がありません。そのため「努力すること」は、私にとって長年のテーマでした。「努力するのは当たり前」「がんばった経験は必要」という考えが一般的だったので、そいういう経験がない自分は「なにかが欠けているのではないか?」と思っていたのです。

がんばることよりも大切なこと

20台の頃、そんな考え方が変わるきっかけとなった出来事がありました。それは、私の人生に最も影響を与えてくれたと言っても良い、ある方との会話でした。その方は常に「言葉を明確に使う」ことを意識していて、言葉の重要さや意味について、たくさんのことを教えてもらったのですが、ある時、こんな会話がありました。

「○○をやってください」

fukuzo

「がんばります」
「がんばるんですか?やるんですか?」

fukuzo

「・・・やります」
「がんばらなくて良いからやってください」

何かを依頼されたり、指示されたりして行動するとき、「がんばります」と答えるのはごく普通の会話です。でも、「がんばる」という言葉は、明らかに「できる」ことに対しては使いません

  • お水を一杯ください
  • この書類をコピーしてください
  • そこにあるメモ用紙を取って

そう言われて「がんばります」と答える人はいないでしょう。つまり、「がんばります」という言葉を使う時、その裏側には、

できるかどうかわからないけど、がんばります

という意味が隠されているわけです。本人はそんなことは考えていないかもしれません。でも、言葉を選ぶことはとても大切です。なぜなら、言葉はエネルギーを持っているからです。

「がんばります」という言葉を使うと、その人の潜在意識は「がんばること」にフォーカスします。それに対して「やります」という言葉を使うと、フォーカスされるのは「やること」になります。この二つの言葉の違いはとても小さく感じるかもしれませんが、実は非常に大きな違いがあるのです。

努力はしなければいけないのか?

では、ちょっと言葉について考えてみましょう。「努力する」とか「がんばる」という言葉は、どのような時に使われるでしょうか?

例えば、読書が大好きな人は本を読む時に「努力する」とは言いません。ゲームが大好きな人は、ゲームする時に「がんばる」とは言わないでしょう。「努力する」「がんばる」という言葉は、自分が好きなこと・やりたいことをする時ではなく「本当はやりたくないけど仕方なしにやる」という場合に使われるのです。

では、スポーツはどうでしょう。「今の自分にはできないことをやろうと思ったら、努力やがんばりは必要なはずだ」と思う人もいるでしょう。それはある意味正解です。自分ができないことをできるようになるためには、当然ですがそれ相応のトレーニングが必要になります。

ここで重要なのは、何かをするときに「本当はイヤだけど、仕方ない」と思っているのか、「やりたいからやる」のかということです。イヤだと思いながらやっている時には、あなたのエネルギーはネガティブに傾きます。反対に、やりたいことやワクワクすることをやっている時にはポジティブになるのです。

達成したい願望や目標が大きければ大きいほど、それを実現するまでには時間がかかります。でも、長い時間をかけてそれを達成しても、達成感を味わえるのはほんの一瞬。つまり、達成するまでの過程を「イヤだけど仕方ない」という思いを持ちながらやっていると、その間はずっとネガティブなエネルギーでいるわけで、その時間の方が圧倒的に長いのです。

私はいつも「結果よりも経過が大切」と考えています。何かにチャレンジして思ったように物事が進まない。それは失敗でも何でもなく、それこそ貴重な時間といって良いでしょう。なぜなら、上手く行かないことからは、たくさんのことを学べるからです。

本当は、努力しない方が上手くいく

何かを達成しようと思ったら、潜在意識のパワーを活用した方が圧倒的に有利です。潜在意識を活用するということは、言い換えれば宇宙の力を活用するということでもあります。

努力したり、がんばったりしている時、もしもあなたの中に「イヤだ」という感情があったとしたら、あなたのエネルギーはネガティブに傾いてしまいます。そして、ネガティブなエネルギー状態では潜在意識を活用できず、宇宙からのメッセージも受け取りにくくなってしまうのです。

  • 努力する:潜在意識や宇宙のパワーは使わずに、自分の力だけでやる。
  • 努力しない:自分の力に加えて、潜在意識や宇宙のパワーを使う。

この「努力しない」というのは、「何もしない」ことではありません。イヤだという感情を持ってやるのではなく、リラックスして、楽しみながら、ワクワクしながらやるということ。つまり、ポジティブなエネルギーの状態で行動するということです。

自分自身のエネルギーを常にポジティブに保ち、達成を信じて結果にフォーカスしていれば、宇宙がサポートしてくれます。そして、あなたが考えていたよりも簡単に、そして短期間でそれを達成できる事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。