はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

「自分の世界」は自分で選べる

東京駅の前に立って、周りをぐるっと360度見回してみましょう。きっとそこには何百人、何千人という大勢の人達がいるはずです。

では、その中たくさんの人達の中に、果たしてあなたが「知り合い」と呼べる人は何人いるでしょうか?あなたの仕事場が近くにあれば別ですが、そうでもなければ「誰もいない」という可能性が高いと思います。

山手線一編成の定員は約1,700名なので、1両あたりは約160名。朝夕はそれ以上の人が乗っているでしょうが、たまたま乗った山手線で、知り合いに偶然会うことはほとんどありません。

いったい何が言いたいかというと、「同じ空間にいても、自分と同じ『世界』にいる人はとても少ない」ということです。電車で隣に座った人。その人の物理的な距離はとても近いけれど、多分、偶然隣り合ったその人とは二度と会うこともなく、この場で会話でもしない限り、二度と話をすることもないでしょう。つまり、あなたとその人は「違う世界に住んでいる」ということです。

あなたが「どの世界に住むか?」は、あなた自身が選択することです。

あなたの望む世界はどんな世界?

先日、noteでこんな記事を見つけました。

参考 報われない社会が待っているnote

タイトルに目を引かれたので読んでみたら、その記事の中で東京大学入学式での祝辞についての記事が引用されていました。

努力が報われるのは、たまたまその努力が報いるような恵まれた環境にいただけ

誤解がないように言っておきますが、私が気になったのは「努力が報われるのは、たまたまその努力が報いるような恵まれた環境にいただけ」という言葉そのものです。なので、これから書くことは、この祝辞が本当に伝えたかった内容とは関係ありません。

私は普段から「自分が信じていることのほとんどは真実ではなく、自分自身の『信じ込み』である」と考えています。しかし信じ込みは非常に大きなパワーを持っているため、あたかもそれが真実であるかのように作用します。

どんなことも「あなたはあなたが出したものを受け取る」という宇宙の法則に従っているとすれば、それは当然といえるでしょう。なぜなら、あなた自身が「これが真実だ!」と信じて、そういうエネルギーを発していれば、それに同調する現実が引き寄せられるからです。

東京駅や山手線の話から始まり、言いたいのかというと「あなたの住む世界は、あなた自身が選択している」と言うことです。

努力が報われるのは、たまたまその努力が報いるような恵まれた環境にいただけ」という言葉を聞くと、「運が良ければ努力が報われる。普通はそんなことはない」というように思うかもしれませんが、それは正しくありません。

それ以上に「努力しなくても報われる」という環境も存在します。私はどちらかといえば、そちらの世界に住みたいです。

信じ込みは無意識のうちに作り上げられる

努力が報われることは少ない」とか、「がんばっても達成できるとは限らない」という情報を何度も何度も繰り返し聞いていると、それが徐々に、あなたの知らない間に潜在意識にすり込まれていきます。あなたがそれを望むかどうかは関係ありません。

もし、「がんばっても達成できるとは限らない」という考えがすり込まれると、何かにトライしようと思ったとき、瞬間的に「でも、無理かもしれない」と反応するようになってしまいます。さらに、それによってネガティブな感情が生まれ、ネガティブなエネルギーを発することになるので、結果的にネガティブな現実を引き寄せる結果に繋がるのです。

では、先ほどの言葉をもう一度読み返してみましょう。

努力が報われるのは、たまたまその努力が報いるような恵まれた環境にいただけ

仮にこれが事実だとします。では、この言葉をちょっと言い換えてみましょう。

常に努力が報われる訳ではないが、努力が報いる恵まれた環境が存在する

それぞれ同じ事を言っていますが、努力が報われる世界と、報われない世界のどちらにフォーカスしているのか?が異なります。そして、どんなことでも、あなたが意識を向けてエネルギーを注いだことが現実になります。もしも自分が住む世界は自分で選択できるとしたらどうでしょうか?自分の意志で「努力が報いる世界に住む」という選択が可能と言うことです。

多くの人は「人生には困難がつきもの」とか、「人生はそんなに甘くない」と教えられて育つため、「努力なんて、そうそう報われるものじゃない」という信じ込みが生まれ、あたかもそれが真実であるかのように思ってしまうのです。

自分の人生は自分次第でどうにでもなる。それが考えのベースになると、人生はもっともっと楽しくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。