はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

038:友人達の支え

全員への電話が終わり、次のステップは直接お詫びをすることです。実際に会って話をすると、私のことを心配して優しい言葉を掛けてくれる人もいれば、とても厳しい事を言う人もいました。もちろんそれは当然です。彼らが信じたのは、バリのパートナーではなく私なのです。信じた人間に裏切られた結果になったのですから怒って当たり前。何を言われても、それは私の責任です。

一人、また一人と会う中で、自分が本当にとんでもない失敗を犯してしまったんだという気持ちが次第に大きくなりました。

自分が未熟だったせいでたくさんの人達に大きな迷惑をかけてしまった。こんなに大勢の人達が応援してくれていたのに、どうして未然に防ぐことができなかったのだろうか。全員が自分を信じてくれた人達だからこそ、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになり、その気持ちで押しつぶされそうになりました。

過去を変えることはできません。起きてしまったことを後悔してもどうにもなりません。それでも、「もしもこんな結果にならなかったら」と考えずにはいられませんでした。

想像以上に辛い毎日

そして、全員にアポイントを取ることができました。その中で、まず最初に会ったのは、出資者の中でも古くから付き合いがあり、かつ、出資額も大きかった友人達でした。

何を言われようと全てを受け入れ、誠心誠意お詫びをし、これからのことを相談しようと心に決めていたのですが、彼らからの厳しい言葉は予想以上に私の心に重くのしかかってきました。バリの警察で、「死んでしまった方が楽ではないか」と思ったあの時よりも辛く感じました。

全て自分の責任で、どんなことを言われても仕方がないと分かっていたのですが、それでも、何度も心が折れそうになりました。こんな状態で、本当に一億円もの大金を返済していくことができるのだろうか?と、その度に自問自答しました。

応援してくれる人達のありがたさ

その時、心の支えになったのが、そんな私のことを応援してくれる出資者の存在でした。大切なお金を失ってしまったにも関わらず、「無事に帰ってこれて良かったね」「大丈夫、絶対になんとかなるから」と声をかけてくれたり、「自分も昔、こんな辛いことがあったけど乗り越えられたよ」などと、自分の体験をシェアして力づけてくれたりする人が何人もいたのです。

いつも明るくて優しいある友人は、若い頃に「死んでしまおう」と思ったという、辛い経験について話してくれました。それは普段の笑顔からは想像もできないような大変な経験でした。

何人もの人達の話を聞くうちに、「きっとみんな口には出さないけれど、みんなそれぞれの人生でいろいろな経験をしているんだ」と感じ、それと同時に「この人達は自分が辛い思いをしているから、こんなに優しく出来ているんだ」とも思いました。

心が落ち込んでいた私にとって、応援してくれる人達の存在は本当に大きな心の支えになりました。そして、私も必ず今回の経験を乗り越え、ひとまわり成長して、思いやりのある優しい人になろうと心に誓いました。

自分の失敗は自分で責任を取らなければなりません。頭では理解していても、「一億円」という金額は途方もなく大きなものでした。それが心に重くのしかかり、できることなら逃げ出してしまいたいとさえ思っていたあの時、優しい気持ちで心から応援してくれた友人達の存在がなかったら、今の自分はありませんでした。

今でも辛いことはたくさんあります。しかし、どんなに辛い時でも、「自分を支えてくれている人がいる」ことを思い出すと乗り越えることができるのです。これからの人生でも、彼らの存在がいつも私に大きなパワーを与え続けてくれることでしょう。そのことに心から感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。