はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

033:いよいよ裁判が始まった

court

ブノアの警察でも、刑務所でも、弁護士とは定期的に会って打ち合わせをしていました。内容はふたつ。ひとつはヴィラの権利回復、そしてもうひとつは少しでも早くここから出て帰国することで、特に重要だと言われたのは後者、「一刻も早く日本に帰ること」でした。

バリにいる私はいわばアウェイ。あくまでも外国人という立場で相手のホームグラウンドで戦うのは不利でリスクもあるため、とにかく少しでも早く安全な日本に帰ることを優先べきということです。特に、相手はきっと何年も前から計画を練っていたでしょうから、この先もどんな手を打ってくるかわかりません。

日本に帰るためには、とにかく早く裁判を終わらることです。ところが、その裁判が一向に始まりませんでした。そして事件が起こってから1ヶ月以上経過したある日、ようやく裁判の日程が決まりました。

弁護士からは事前に、裁判がどのような流れで進められるか説明されました。また、順調に行った場合にいつ裁判が終了するかも教えてくれたのです。なぜ、始まってもいない裁判なのに、そんな具体的な日程までわかるのかというと、既に全てシナリオができているからです。つまり、裁判官と検察官は賄賂を受け取る代わりに、弁護士が書いたストーリー通りに裁判を進めることを約束しているのです。

日本では考えられないことですが、この国ではそれが常識なのです。最終的にはいくつかのトラブルがあって、すべて予定通りとは行きませんでしたが、ほぼその予定通りに終了しました。

裁判初日の信じられないトラブル

そして迎えた裁判の初日。朝の9時にロビーに集合しました。諸々の手続きをしてから手錠を掛けられ、その日に裁判を受ける他の人達と一緒に車で乗り込んで移動します。10時に出発し、途中どこを走っているか分かりませんでしたが、20分ほどで裁判所に到着しました。

全員が車から降りると一旦同じ牢屋に移され、それぞれの裁判までそこで待機させられます。私の場合はしばらくして弁護士が到着したため、部屋から出て彼と合流しました。最後の打合せをしてから一緒にランチを食べたのですが、初めて裁判所に来た緊張から、何を食べたのか記憶がありませんでした。

ようやく裁判が開始されたのは午後2時。ところが、ここで信じられない問題が発生しました。

なんと、証人として裁判に出廷するはずの警察官が法廷に来ていなかったのです。そのため、この日はわずか数分で終了。結局何も行われずに翌日に延期になりました。初日からまさかの出来事です。私は「本当に弁護士のシナリオ通り進むのだろうか?」と不安になりました。

仕切り直し裁判は予定通りに

そして翌日。昨日と同じ流れで朝から移動し、ランチを挟んで午後から法廷へ。今回は警察の証人もちゃんと出廷していたため順調に進みましたが、内容はといえば事前に弁護士から聴いていたシナリオ通り。つまり、全て筋書きがあってそれぞれがそれを演じているだけ。検察側の質問、それに対する弁護士の回答、全部あらかじめ決まっているのです。茶番とはまさにこのことです。

順調に進むことは良いことですが、出来レースだと考えるとバカらしくなってきました。「こんなことのために1,000万円以上のお金を払っているのか」と思うと、悔しいやら悲しいやらで涙が出そうになりました。

裁判が行われた次の日。そのことを地元の新聞で読んだホテルのスタッフが心配して、ホテルには内緒で面会しに来てくれました。なぜ突然来てくれたのかな?と思って尋ねると、新聞に「日本人がドラッグ所持で逮捕。懲役15年か?」という記事があったと言うのです。

それを聞いた瞬間はビックリして、「信じられない」という気持ちでした。弁護士は「1ヶ月以内に裁判が終わる」と言っていたけど本当だろうか。無事に日本に帰れるのだろうか・・・。信じるしかないと分かっていても、どうしても心は揺れてしまうものです。

その場は、リスクを冒して(マネージャーに分かったら何をされるかわかりません)会いに来てくれたことに感謝を伝えて別れ、部屋に戻ってから落ち着いて、もう一度起こったことを考えてみました。「いったいどっちが本当なんだろう?」

起きて欲しいことを選択することの大切さ

考えた末に私が出した結論は、「どうなるのかわからないのであれば、自分が望む結果を意図し続けよう」というものでした。

弁護士の話通りに裁判が終了して帰国できたら、それはとても嬉しいことです。反対に、新聞の報道の通りに長期の懲役刑になったら、それはとても辛くて悲しいことです。起こる可能性はどちらもゼロでないかもしれませんが、でも、その時点では何ひとつ決まっていない。どちらの可能性もあるということです。

fukuzo

もしも有罪になって懲役になったら、その時はそれを受け入れて、それからどうするか考えよう。でも、弁護士の話の通りに事が進んで日本に帰れるかもしれないんだから、それを信じてそうなることを意図しよう

と思ったのです。

実際に起こるかどうか分からないことを気にして、気持ちがネガティブになっていても意味がありません。毎日落ち込んで過ごしていても何ひとつメリットはない。私はあの時に心の底からそう思うことができました。そして、「自分が望む結果を選択する」という行動を取ったことで、それ以来、どんな出来事に遭遇しても感情が揺さぶられることが少なくなり、いつもポジティブな状態を保てるようになりました

そういう意味で、今では「あの経験をして良かった」と思っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。