はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

ストレスフリーのコツ:嫌な上司との付き合い方

boss

私が普段から意識していることのひとつが「ストレスを少なくする」ことです。

仕事、人間関係、お金、健康などなど。ストレスの原因になることはたくさんあります。減らした方が良いとわかっていても、なかなか簡単ではありません。では、これらのストレスを減らすにはどうしたらよいでしょう?

例えば、仕事でストレスがあってそれを減らす方法を考えた時、一番効果的な手段として「転職」をイメージするかも知れませんが、実はそうではありません。

ストレスはもちろん何か原因があって感じるものですが、そこには人によって違う「感じ方のフィルター」が存在します。同じ場面、同じ状況に置かれたとしても、人によってそれをどう感じるかに違いがあるのです。

ジェットコースターをイメージしてみてください。絶叫系の乗り物が好きな人にとっては「こんなに楽しいモノはない」でしょうが、嫌いな人にとっては「あんなモノにお金を払って乗る人の気が知れない」と思うでしょう。これは極端な例ですが、どんなことであっても、多少なりとも人によって感じ方が違うのです。

仕事のストレスを減らすには、自分の意識を変えること

ストレスは「我慢」していると、いつか必ず爆発します。落語に「堪忍袋」という噺がありますが、この噺のようにストレスを我慢して溜め込んでいると、いつか限界を超えてあふれ出てしまいます。

参考 落語:堪忍袋落語あらすじ辞典 千字寄席

そこで大切なことは、ストレスを「我慢する」「抑える」のではなく、ストレスそのものを「減らす」ことです。もしもあなたがジェットコースターが嫌いだとして、それでも何らかの理由で乗らなければならないとしたら、我慢して乗るのではなく楽しい部分を探して少しずつ好きになるようにすれば、ストレスも減っていくはずです。

評論家と哲学者のアドバイス

先日、ネットでこんな記事を見つけました。

参考 「アドラー流」上司に嫌われた時の対処法PRESIDENT Online

ここでは「上司に嫌われた時、どう対処したら良いか」ということについて、評論家の佐々木常夫氏と哲学者の岸見一郎氏の二人がアドバイスしています。全文は元サイトで読んでいただくとして、私が気になったところをいくつか引用してみます。

評論家:佐々木氏

まず一人目は、評論家の佐々木氏。彼のアドバイスの一部をご紹介します。

今の若い世代には「媚びるのは嫌」という人が増えています。上司にゴマをするなんて、みっともないし品もないと思っているようです。でも私はそうは思いません。そういう人は、何のために仕事をしているのか考え直してみるといい。
究極的には自分のため、自分が幸せになるために汗水流して働いているはずです。そうだとすれば、仕事をうまく進めるために上司のご機嫌取りひとつもできない人は、要は自分の幸せを追求していないのだといえます。

「自分が幸せになるために汗水流して働いている」というのは同感です。全くその通り。でも、「ご機嫌取りひとつもできない人は、自分の幸せを追求していない」というのは、同意できません

なぜなら、私自身、常に自分の幸せを追求していますが、上司のご機嫌取りは一度もしたことがないからです。

このアドバイスは大きな勘違いをしていると思います。それは、「出世をすれば幸せになれる」という前提に立っていることです。今、なぜ若い世代が「媚びるのは嫌」と考えているのか。それは、彼らが「幸せとは出世することではない」と分かっているからです。

ある程度の立場まで出世するには、それ相応の時間がかかります。仮にその期間を10年としましょう。10年後の出世のために、それまでの期間ずっと「媚びて」仕事をする。それが「幸せの追求」と言えるでしょうか?

人の欲求には限りがありません。仮に課長になったとしたら、次には部長。そして取締役と、出世の欲求は続きます。ということは、会社を退職するまで(またはトップである社長になるまで)、ずっと誰かに「媚びて」仕事をしなければならないということです。

私はなにも、上司に喧嘩を売れと言っているわけではありません。出世するために我慢するより、自分が楽しく感じ、幸せを感じられる毎日を過ごすことの方が大切だと言うことです。もし、「そうはいっても出世したい」というのであれば、ゴマをすること、媚びることをストレスに感じないようになる・・・という手段はありますが、ちょっと違うように思いませんか?

哲学者:岸見氏

次に、哲学者の岸見氏。彼のアドバイスは違ったアプローチです。

大切なのは、感情的にならないこと。嫌われていることで落ち込むとか、逆に自分も腹を立てるとか、そうした負の感情に呑まれてはいけません。「この人は上司の仕事の何たるかがわかってないんだな」と少し突き放して見るぐらいがちょうどいい。

これは同感です。どんな場合であっても、感情的になってプラスになることはありません。何かの事件で、「カッとなって・・・」という理由で犯罪を犯してしまうケースがありますが、感情的になると正常な判断が出来なくなってしまうのです。

だいたい、上司として上に立つのであれば、部下を「嫌う」という感情にまかせた行為はするべきではありません。管理職の仕事は組織をマネージして目標を達成させることなので、好き・嫌いで仕事をしているとしたら、「仕事の何たるかがわかっていない」のです。上司とは「自分よりも役職が上の人」というだけで、人間的に優れているわけではない、ということを忘れないようにしましょう。

そうした努力をしてもなお、上司が高圧的な態度をやめない場合、いま一度、仕事の目的を思い出すといいでしょう。最優先すべきなのは上司に好かれることでしょうか。違うはずです。

その通りです。あなたにとって最も優先するべきことは、「幸せな人生を送ること」です。そして、次にあなたを雇ってくれている会社に貢献することです。本来、マネージャーという立場の人は、会社の業績をいかにあげるか、そのためにどうやって組織をマネージするかを考えるべきで、部下のことを好き・嫌いで判断している上司は、会社よりも自分のことを優先しています。そんな上司に好かれることを優先すべきではありません。

「オレだってその気になれば、こんな部署でくすぶってる人間じゃないんだ。でも上司があれじゃ、やる気も出ないよな」などとうそぶいている人が職場に1人や2人いるのでは。こういう人は、たとえ上司が代わっても、決して頭角を現したりしません。本当にやる気があるなら、つべこべいわずに今出しなさい、という話です。

自分にとって理想的な環境であることは、長い人生においてほとんどありません。「良い上司に恵まれたら」とか「もっとやりがいのある仕事を与えてくれたら」とか言っていても何も始まりません。成功したり夢を達成したりしている人は、どんな環境に置かれようとも、自分のできることに100%の力を注いでいるのです。

 “fukuzo流” 上司に嫌われた時の対処法

私はこれまで、いくつもの会社に勤務した経験があります。それらが全て理想的だったかというと、もちろんそんなことはありません。逆に、「この人さえいなければなぁ」と思ってしまうような上司が常にいました。

若い頃はそれがストレスになっていた時もありましたが、考え方やメンタルマネージメントについて学ぶことで、それが次第にストレスではなくなり、今では仕事関係だけではなくプライベートでも、人間関係に関してはほぼストレスフリーで過ごせるようになりました。そんな私流の「上司に嫌われた時の対処法」をお伝えしましょう。

1. 何が原因かを明確にする

まず最初に、嫌われた原因を明確にしましょう。もしも、あなた自身に原因があったとしたら、嫌な上司の言葉であってもそれは素直に改善しなければなりません。仮に相手にも問題があったとしても、そのこととは区別して考える必要があります。
どうしても、嫌いな相手から何か言われると、それだけで嫌な感情がわき上がってきてしまいがちです。そうなると相手の悪いところばかりにフォーカスしてしまい、もしも自分に落ち度があっても見落としがち。常に冷静に、客観的に観察するクセをつけましょう。

2. 仕事の目的を再認識する

そもそも、なんのために仕事をしているのでしょう。それは、あなた自身が幸せな人生を送るためであり、会社の利益に貢献するためです。決して上司に気に入られる為ではありません。
どんな時にも、「仕事をする目的は人生を豊かにするため」ということを忘れないようにしましょう。

3. 会社での地位と人間性は別だと考える

自分の上司だからといって、必ずしも人間的に優れているという訳ではありません。また、会社組織の中では必ずしも「マネージメント力がある人がマネージャーになる」という訳ではありません。個人としての能力が高く、それを評価されて出世したけれど、マネージメントの力はないというケースもあります。
もしかしたら、人間性という点ではあなたの方が遙かに成長しているかもしれません。そう思って上司を温かく見守ってあげましょう。

4. 全ては「試されている」と捉える

人生における大切な目的のひとつは、自分自身が成長することです。そのためには様々な問題や試練を経験する必要があります。「いやだなぁ」と思う事は、それに対してあなたがどう反応するかを試されるために起きています。
あなたが成長すればするほど、受け入れることができるキャパが大きくなるので、最初は気になっていたことも気にならなくなります。いつも「試されている」と考えて、問題を前向きに捉えましょう。それを超えた先には、きっと別の世界が広がっています。

5. 「今」を大切に生きる

「将来のために今を我慢する」という考えはあまりおすすめできません。人生は「今」の連続です。今がつまらなければ、その連続である人生もつまらないものになってしまいます。
大切なことは、どんな環境に置かれていたとしても、それをネガティブなこととして捉えないことです。
どんなことでも、必ずポジティブな面があるものです。まず最初は受け入れること、そして次にポジティブな面を見つけてプラスに受け止められるようになること。考え方を少し変えて、常に「今」を大切にして過ごしましょう。

成功者の思考になる

多くの成功者に共通しているのは、何をするべきかという目的がハッキリしていて、それを達成するための明確な目標を持っていることです。だからこそ、日々起こる様々な問題にも翻弄されず、常に進むべき道を進めるのです。彼らが成功できるのは、物事がスムーズに進むからではありません。何が起こっても、それを受け入れ、乗り越えることができるからです。

会社という組織の中にいると、日々の業務が忙しく、それをこなすことで手一杯になってしまうかもしれませんが、常に「何のために仕事をしているのか」を忘れずに、そして「全ては自分自身の成長のため」と考えるようにすると、ストレスを減らすことができるはずです。実際、私はそうすることで楽しい毎日を送ることが出来ています。

考え方が変われば環境が変わり、そして、人生が変わります。ぜひ、素敵な人生のための一歩を踏み出してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。