はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

「今」が変わると、過去が変わる

back in time

過去と他人は変えられない」と言われます。私もこのブログで書いています。

過去に戻ることはできないのは事実なので、確かに「あの時」に戻って別の人生をやり直すということはできません。

もしかしたら、過去に嫌な出来事があり、それをずっと引きずってしまっていて、それによってネガティブな影響を受けている人がいるかもしれません。人生に「たら・れば」ありませんが、そういう人は「過去を変えることができたら・・・」「あの出来事さえなかったら・・・」と思うこともあるでしょう。

そんな時、考え方をちょっと変えることで、過去の嫌な出来事を変える事ができたらどうですか?

人生は選択の連続

人生では毎日、いろいろな出来事が起こり、その度にあなたは「どうするか?」という選択をしています。

小さなことでは、例えばこんな感じです。

  • 今日のランチは何を食べるか。
  • 週末はどう過ごすか。
  • 仕事をどの順番で片付けるか

どれも、日々何気なくやっていることです。これらは深くは考えずに行動しているので、あまり「選択している」という意識はないかも知れません。

そして、大きなことの例はこんな感じです。

  • どの学校に進学するか。
  • どの会社に就職するか。
  • 家を買う時にどこに住むか。

これらは、人生の転機と呼べるような出来事ですので、こういう時は自分でも「選択した」という実感があるかも知れません。大きい小さいの違いはあっても、このように、人は毎日たくさんの出来事に対して、どう行動するかを選んでいます。

ある意味「人生とは選択の連続である」と言っても良いでしょう。そして、何かひとつでも違う選択をしていたら、今のあなたの状態は確実に違っていたはずです。

もしも過去の人生で、あなたが今でも後悔していたり、心が傷ついているような出来事があるとしたら、きっと「あれさえなかったら」と思うはずです。ここがポイントなのですが、そう思った時、その裏には「あの事さえなければもっと良い人生だったのに」とか「こんなに辛い思いをしなくて済んだのに」という気持ちがあると思います。

つまり、過去の出来事を後悔したり、否定したりする気持ちの裏側には、それがなかったらもっと良い人生を歩めたはずだという考えがあるのです。

それがベストな選択だったかも知れない

例えば、何ヶ月も前から楽しみにしていた旅行に行く直前に、ちょっとした不注意から怪我をしてしまって行けなくなってしまったとしましょう。あなたは行けなくなってしまったことがとても残念で、「あの時、自分がもう少し注意していれば・・・」と、後悔するかもしれません。

この時、「怪我さえしなければ楽しい旅行に行けた」と思っているからこそ、不注意だった自分を責めたり、後悔したりするわけですが、果たして、それが事実だったかどうかは誰にも分かりません。

もしも、予定通り旅行に行ったら、旅先で大きな事故に巻き込まれていた・・・としたらどう考えるでしょうか。きっと「怪我をしたおかげで旅行に行かなくて良かった。」と思うはずです。

これは極端な例かも知れませんが、人生で起こる出来事は、実はそれぞれが複雑に関連しています。「風が吹けば桶屋が儲かる」という話がありますが、この話のように一見無関係に見える出来事も、もしかしたら深く関係していたのかもしれないのです。

過去のことに対して、「あのことさえなかったら」とか、逆に「あれをやっていたら」という仮定の話をしても意味はありません。その結果については誰にも分からないからです。それなら、自分が楽しくなったり、ワクワクしたりするように都合良く解釈した方が良いと思いませんか?そうすれば、自分の気持ちもエネルギーもポジティブになるので、よい出来事を引き寄せてくれる結果にも繋がります。

「今」が変わると、過去の解釈も変わる

過去の出来事が何かひとつ違っていたら、あなたの選択が違っていたら、あなたの人生は今とは違うものになっていたはずです。

もしも、今の人生がとても楽しく、毎日が充実して幸せだとしたら、過去のすべての出来事は、今のあなたになるために必要な出来事だったということです。その時には死ぬほど辛かったり、できることなら記憶から消し去りたいような出来事だったとしても、それがあったからこそ、今のあなたなのです。

私自身、バリでは大失敗をして1億円もの負債を抱え、刑務所にも入れられるという辛い経験をしました。この出来事は、どう見ても良い出来事だったとは思いません。もしも目の前に神様が現れて「全てなかったことにしてやろう」と言ったら、間違いなくお願いします。

では、今の私がそのことを後悔したり、思い悩んだりしているかというと、決してそうではありません。起きたことは変えられません。でも、それをどう解釈するかは自分次第なので、「良い・悪い」という意味付けをせず、「起きたこと」をそのまま受け入れました。そうすることによって、後悔したり、悪化したりすることがなくなりました。

私は今、毎日感謝をしながら、幸せな日々を送ることができています。多分、これまでの人生で一番だと思います。そうなったのは、バリでの出来事から沢山のことを学ぶことができたからです。体験した時には本当に辛かったですが、今では「あれは必要な出来事だったんだ」と思うことができています。

過去を変えることはできません。でも、もしも「今の私は最高に素晴らしい人生を送ることができている」と思えて、感謝することができれば、過去の全ての出来事は「必要だから起こった」と受け入れることができるはずです。

そうすれば、どんなに辛くて、悲しくて、心が傷つくような経験をしていたとしても、それらを受け入れ、自分の心を癒してあげることができるはずです。考え方を変えることができれば、今や未来はもちろんですが、過去さえも変えることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。