はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

025:本当の自由とはなにか

free

毎日、日中は部屋から外に出て自由に行動することができる。それは本当にありがたいことでした。

警察の建物は塀で囲まれていますが、出入り口は特に門も扉もなく開放されています。でもそこには目に見えない、決して超えることができない大きな壁があります。手錠をされているわけでもなく自由に動くことはできるけれど、それは目に見えない壁の中でのみ許される自由なのです。

本当の自由とはなんだろう?

この時私は、それまで自分が思っていた「自由」と本当の意味での「自由」は違うということを実感しました。

失って初めてわかること

それまで「自由」というと、好きな時に好きなことができる時間の自由や、好きなものを手に入れることができる経済的な自由のことだと思っていました。すなわち、時間や経済力を手に入れることこそが自由を手にすることだと考えていたのです。

でも、ここでの自由は全く違いました。自分がやりたいことをするという自由は与えられていないのです。仮に私が億万長者だったとしても、好きな時に一杯のコーヒーを手に入れることすらできない。そのような自由は与えられていないのです。

拘留されてからの食事は、毎日昼と夕方の二度、弁護士事務所のスタッフが日本食のお弁当を運んできてくれました。作ってくれていたのは日本人がオーナーのレストランでとても美味しかったのですが、メニューのリクエストは一切できませんでした。そして、お弁当が届けられる時間もそれを運んでくれる事務所のスタッフ次第。こちらから指定することはできず、日によって時間もまちまちでした。

バリでは水道水は飲めないので、飲み水はミネラルウォーターの大きなタンクです。残りが少なくなるとスタッフにお願いして新しいタンクを届けてもらうのですが、ある時、頼んでいたタンクが届くのが遅れたことがありました。どんどん少なくなっていく水を見ている時、

飲み水がなくなってしまったらどうしよう

という不安が込み上げてきました。もしも水がなくなってしまったとしてもスタッフを待ち続けることしかできず、目の前の道との間にある「目に見えない壁」を越えて自分で買いに行くことはできません。

この時、自分の行動の自由を奪われるということがどれほどストレスになるのかを感じました。そして、それまでの自分がいかに自由だったかを痛感したのです。

それまでの私は、必ずしもやりたいことがいつでも好きなときに、好きなだけできていたわけではありません。また、欲しいものがなんでも手に入っていたわけでもありません。でも、少なくとも全ての行動を自分で選択する自由が与えられていました。経済的・時間的な制限の中ではありましたが、食べたいものを食べ、行きたいところに行き、やりたいことをやる。ずっと当たり前と思っていたことがここではなにひとつできないのです。

自分でやりたいことを選択する自由。その自由を失って初めて、それまでの自分がいかに恵まれていたのかということを心の底から実感しました。

モノへの執着がなくなった

欲しいモノが自由に手に入らない状況に置かれると、どうしても「モノ」に執着しがちです。ある時、マンディ(水浴び)をしながらふと、

fukuzo

自分がひとつしか持っていないものを、他の誰かが必要としていたらどうするだろう?

ということを考えました。以前の私だったら「自分が使う時のために取っておく」と考えたでしょうが、その時の私は「自由」ということに対する考えに変化が起きたためか、ちょっと違った思いが浮かんできました。それは、

その時にそれを自分が持っていたのは偶然ではなく、宇宙の大きな力によるものである。必要な人に分け与えよう

というものです。

自分が持っていたのが偶然ではなく必然だとしたら、たったひとつしかなくても分け与えることができる。その理由は、仮にそれを手放したとしても、もしもそれが自分が本当に必要なものだとしたら、きっと必要なタイミングで再びそれを手にすることができるからです。但し、与える時に見返りを期待するのではなく、全てが大いなる力、大いなる流れの中で起こっていることを信じてとにかく与える事、そしてその流れを信じることが大切。そんな思いが浮かんできたのです。

この思いが浮かんできてから、「必要なモノがなくなってしまうのではないか」という不安がすっと消えていくように感じました。

全てのことは感謝に値すること

そして、それまで当たり前と思っていた自由が、実は当たり前のことではなかったと気づいた時、

どんなことも当たり前ということはなく、全て感謝に値する

と思えるようになったのです。普通のこと、当たり前のことなど何一つないと考えると、日々普通に生活できていることさえもありがたいことと感じられるようになります。そのことに気付いて以来、毎日どんなときも幸福感に満たされて過ごす事ができるようになり、そしてそれは今でも続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。