はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

026:見えない壁 – 警察での日々

Police

ブノアでの生活が続いて時間が経過するにつれて、少しずつここでの生活にも慣れてきました。そして精神的にもかなり安定してきて、不安を抱えながらも徐々に普段の自分を取り戻しつつありました。

当たり前ですが、警察署にいるのは警察官ばかりなので、誰かに襲われたり欺されたりする心配はなく、その点は少し安心です。新しい環境に慣れてくると、心の状態もかなり落ち着いてきました。

警察署は24時間体制なので、いつも誰かがいます。ちゃんと数えたことはありませんでしたが、日中は5〜6名、夜間は2〜3名のシフトで、全部で15名くらいはいたと思います。

ングラさんとの出会い

その中の一人に、ングラさんという警察官がいたのですが、彼はとても優しい人で、自分が勤務の時はいつもそばに来て、私を元気づけようといろいろな話をしてくれました。

「きっとヴィラが戻ってくるから、それまで頑張れ」
「ここから出られたら家に遊びに来い。家族と一緒に食事でもしよう」
「欲しいものがあったら買ってくるから、遠慮しないで言え」

など、いつも気にかけてくれました。デンパサールの警察ではダディットがメッセンジャーとして現れてドン底の状態から救い出してくれましたが、ングラさんは違った立場、違った方法で同じように私を支えてくれる存在だったと言えるでしょう。

ある時、「マンゴーが好き」という話をしたら、次のシフトの時に早速買ってきてくれて、それ以来、時々マンゴーを差し入れしてくれるようになりました。その後私は、ブノアの警察からクロボカンの刑務所に移ることになるのですが、マンゴーの差し入れは刑務所に移ってからもずっと続きました。

そして私が帰国するまでずっと、毎日のようにSNSでメッセージを送ってくれて、常に励まし続けてくれたのも、ブノアの警察官の中で唯一彼だけでした。多分、私がバリ島に行くことは二度とないと思いますが、もしも機会があれば彼とはもう一度会ってお礼を言いたいです。

自分を見つめ直す時間

バリ島では、至る所に神様がお祀りされています。私が作ったホテルにも小さなお寺があり、そこに毎日のお供えをしてお祈りをしていましたが、この警察署の中にも同じようなお寺がありました。

時々弁護士が来て、ドラッグの件での裁判と、ヴィラをどうやって取り戻すかということに関して打ち合わせをすることがありましたが、それ以外の日は特にやることがない私は、毎日、朝・昼・晩とお寺でお祈り捧げることが日課になりました。

一日、また一日と時間は過ぎていくのに、できることは何もなく、そして目に見える進展は何もない。バリ島での裁判がどんな風に行われるのかもわからず、何もしていないと不安ばかりが大きくなりそうでした。そんな日々の中、自分の気持ちを落ち着かせることができるのは、お祈りや瞑想などしかなかったのです。

これまでの人生で、ここまで何もしない(正確にはなにもできない)時間を過ごしたことはなかったかもしれません。私はできるだけ多くの時間を、これから起こって欲しいことをイメージしたり、それまでに学んできたことをもう一度整理したりするために使いました

そのおかげで、ブノアの滞在中に私のメンタルはかなり安定しました。その後、刑務所に移されるという状況になっても正常な精神状態を保てたのは、こうして自分を見つめ直す時間があったからだと思います。

毎日、ほとんど同じことをして過ごしていましたが、心の状態は日を追うごとに良くなっていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。