はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

001:夢を持って「今」を幸せに生きよう!

Travel Bag

世界には70億人もの人々がそれぞれの人生を歩んでいます。国や宗教、人種はもちろん、職業や生活環境などは一人ひとり違っていて、全員がそれぞれの個性を持っていて、考え方も生き方も全て違うと思います。その中で共通した思いがあるとしたら、それは「幸せになりたい」ということではないでしょうか。

私はずっと「自分の夢を叶えることができたら幸せになれる」と思っていました。

では自分の夢って何だろう?初めてそれが明確になったのは大学在学中、長距離バスでアメリカ一周の旅をしたときのことです。

当時私は、自分の将来に疑問を持ち始め、「このまま卒業して就職して、それでいいのか?」と思っていました。そこで大学を休学して、大好きだったアメリカに行ってみようと思ったのです。その旅で答えが得られるかどうかはわからないけれど、そのままなんとなく流れで社会に出るのだけは嫌でした。

人生初の海外旅行。それもほぼノープランで好きな街を訪れ、気に入ったら好きなだけ滞在するという自由な旅。そこでの出会いや体験は私の人生に大きな影響を与え、その後の人生の方向を決定づけるきっかけになりました。

fukuzo

30歳になるまでにアメリカに住む!

それが私の人生における、一番最初の明確な夢です。それまでも漠然とした夢はたくさんありましたが、具体的かつ期限を決めた夢はこれが初めてでした。そして、帰国してから夢の実現のために行動をスタートしました。

最初にやったことは、大学を辞めること。当時の私が歩んでいた人生の延長には、求める未来はないと思ったのです。そしてすぐに就職をしましたが、会社を選ぶ時の条件はただひとつ、「給料が良いこと」でした。どうせ一生勤める訳ではないし、できるだけ早く資金を貯めてアメリカに行きたかったからです。

就職したのは金融関係の会社の営業。今考えれば、その会社はとってもブラックだったのですが、それでも、新人の中では常にトップクラスの成績を収めつつ、約1年半ほど続きました。

結果的にその会社を辞めたのは、日を追うごとに仕事が厳しくなり、どんどん同期が去って行ったこともありますが、それよりも、その環境では自分が目標とする先輩や上司がひとりもいなかったことの方が大きかったです。自分が「こうなりたい!」と思う人にできるだけたくさん出会い、その人達からいろいろな経験を積んでおきたいと思ったのです。

幸せな人生を送るために必要なこと

幸せな人生を送るということは、夢や目標を明確にしてそれを達成すること。そのためには自分の出来る範囲を広げるために、収入を増やし、自由な時間を多くし、いつも一緒に楽しめる仲間をつくること。私はずっと、そういう考えをベースに行動してきました。

そして30代の中頃。大成功とは言えないけれどある程度の収入と時間を手にし、ついに自由で楽しい人生を手にすることができたのです。最高の毎日。「これがこれからずっと続くなんて、本当に夢のようだ」と感じました。ところが、不思議なことに最初は楽しかったのに、時が流れるに従って何か満たされないと感じる事があり、その気持ちは次第に大きくなっていきました。

あるとき、そんな気持ちが生まれるのは「人生の目標を見失っているからだ」と言うことに気付き、新たな目標を探し始めます。そして数年後。ある出会いがきっかけで大きな夢ができました。

fukuzo

バリ島にホテルを作る!

当時の私には、ホテルを作るだけの資金もノウハウもありませんでしたが、「それを実現したい」という強い思いだけはありました。そのため私はこれを「一生かけても良いから絶対に叶える夢」にしようと思いました。どれくらい時間がかかるかわからないけれど、いつか必ず達成しようと決断したのです。

でも、そこから信じられないような出来事が起こります。

この夢を掲げてから僅か三年半後。バリ島に夢に見たホテルがオープンしたのです。まさに奇跡のような出来事でした。今振り返ってみても、ホテルのオープンは私の人生において最高の出来事で、これ以上の感動を経験したことはありません。本当に夢のような毎日で、その充実した日々は永遠に続くように思われました。

しかし残念なことにその期待は裏切られます。オープンから僅か一年半後、最も信頼していたビジネスパートナーに裏切られ、ホテルの全ての権利を奪われた上に、約一億円というとんでもない負債を抱え、さらには無実の罪を着せられて警察に拘束までされてしまったのです。

まさに天国と地獄といえるようなジェットコースターのような出来事でした。

正直なところ、その時は「いっそ死んでしまったらどれだけ楽だろう」とも思いました。しかし私はその選択はせず、どれだけ時間がかかったとしても自力で返済することを決断しました。

私は今でも返済を続けています。なので、今の私は間違っても「成功している」とは言えません。経済的には「大失敗した」と言うべきでしょう。そんな私が自分自身の体験を書こうと思った理由のひとつは、実際にホテルがオープンしたという事実です。もしも、違うパートナーを選んでいたら、今でもホテルのオーナーとして運営を続けられていたかも知れません。

結果的に全てを失ってしまいましたが、全くのゼロから僅か三年半で夢を達成し、バリ島にホテルがオープンしました。短期間で夢を実現したという実体験は、これから夢を叶えようと思っている人にとって、きっと何か役に立つことがあるはずです。

また、今の私は決して経済的に豊かとはいえず、成功しているわけでも、時間を自由に使えるわけでもなく、大勢の仲間に囲まれているわけでもありません。でも、毎日感謝の気持ちとともに幸せに過ごすことができています。そのきっかけは、間違いなくバリでの出来事です。

私はこの経験からたくさんの事を学びました。その中で最も大きかったのは、「幸せになる」ということに対する考えが変化し、あるひとつの気付きがあったことです。

幸せかどうかは、どのような状況・どのような環境かという「外的な要因」によって決まるではなく、どのように考えるかという「心の状態」が重要である。

あなたは何か夢を持っていますか?もしも、以前は夢があったけど、実現できないだろうと諦めてしまっているとしたら、ぜひもう一度夢に向かって一歩踏み出しましょう。あなたが心からその夢の実現を信じたならば、必ずその夢は叶うはずです。なぜなら、私が全くゼロの状態から大きな夢を叶えることができたからです。

失敗を恐れてはいけません。私は今でも「失敗した」とは思っていません。上手くいかない出来事があっただけで、それは何かを学ぶとても貴重なチャンスだったと思っています。諦めない限り失敗はないのです。

そして、幸せな人生は、成功を手に入れた先にあるものではありません。幸福と成功は全く別のものなのです。私はそれを自分自身で体験しました。私の経験したことが、みなさんにとって「幸せに過ごしながら夢を叶える」ためのヒントになることを信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。