はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

031:エンジェル・カードとルーン

note-and-coffee

毎日、朝は7:30、夕方は17:30に点呼があって部屋の鍵が閉まります(但し、お金を払って延長してもらうことがほとんどでした)。ここでは「やらなければならないこと」はほとんどありません。時々、弁護士が来て一緒に打ち合わせをすることはありましたが、それ以外はなにもありません。

「自由な時間がたっぷりあって良い」と思われるかも知れませんが、この先どうなるか分からない中で「何もできない」と、どちらかというと不安な気持ちの方が大きくなってしまい、あまり良い感覚はありませんでした。

心をポジティブに保つために

毎日、気持ちを落ち着かせ、できるだけポジティブになるようにやっていたのは、運動、読書、瞑想など。それ以外の時は、iPodで音楽やスピーチを聴いていました。

警察に捕まってすぐの時期は、ホテルとの関係がまだ悪化していなかったので、全面的にサポートしてくれていました。そこで、ホテルにあったお客様用の本を何冊か持ってきてもらっていたのと、さらに、日本の家族からも何冊か送ってもらったものがありました。その中で、何度も繰り返し読んだ一冊が、飯田史彦さんの「生きがいの創造」です

それまでずっと、「なぜこんなことになってしまったんだろう?」という疑問に対する答えを探していたのですが、それはなかなか見つかりませんでした。でも、生きがいの創造を読むことで、「人生に起こることは全て偶然ではない」ということ、そして「乗り越えられない問題はない」ことをあらためて認識し、それを意識に落とし込むことを続けたのです。また、本だけではなく、iPodにも飯田史彦さんの講演を収録した音源が入っていたため、こちらもかなりの回数を聴きました。その結果、徐々に気持ちが軽くなっていったのです。

私はあまり瞑想をしたことがありませんでしたが、ここではできるだけ瞑想をするようにしました。iPodに入っていたリラクゼーション・ミュージックを聴きながら、呼吸に意識をしながらリラックスする。なかなか思ったようにはできませんでしたが、でも、気持ちを落ち着かせるためにはとても効果的でした。

自分の人生で、まさかこんなことが・・・と、信じられないような出来事が起きてしまい、その現実を受け入れることだけで精一杯。どうやったらそれを受け入れることができるのか?ということを考え、思いつくことはなんでもやっていたのです。

困難な時ほどメッセージに耳を傾ける

時間だけはたっぷりありますが、できることは限られていて、やりたいこともほとんどできない毎日。

ブノアの警察には私のMacを持ち込んでいたのですが、刑務所は不特定多数の人がいるため、コンピュータは持ち込まずに弁護士に預けていました。そのため、ブノアではできた、日本とのメールやチャットがここでは一切できませんでした。

誰かと繋がることも出来ず、相談できる人もいない。そして時間だけが流れていき、未来が全く見えない。そのような状況で、ネガティブな状態に引き込まれないようにするにはどうしたら良いか?がその時の私のテーマでした。

そんな時に役に立ったのが、本、iPodとともに刑務所に持ち込んだ「エンジェル・カード」と「ルーン」でした。

エンジェル・カードというのはこれです。

書店などで売っているので、見たことがある人もいるかもしれません。

ルーンは「それってなに?」という人が多いと思いますので、ネットの情報を引用します(ただ、私はルーンは「占い」ではなく、どちらかというと「リーディング」と言うのが正解だと思っています)。

その場に偶然表れた象徴を用いて占う卜術のひとつで、「ルーン文字」を印した小石・木片・カードなどを使って占う。「ルーン文字」とは、北欧で古代から中世にかけて用いられてきた神秘的なアルファベットのこと。

コトバンク「ルーンとは?」

私が持っていたルーンは木製のものでしたが、カードタイプはこんな感じです。

エンジェルカードもルーンも、ランダムに引いてその時に自分に必要なメッセージを受け取るためのものです。自分ひとりで思い悩んでいると、どんどんネガティブなエネルギーに引っ張られてしまうように思いましたが、そうならないようにとカードやルーンを引きました。そして、その結果を「今の自分に必要なメッセージ」として捉え、受け入れる事で、ポジティブなエネルギーをもらって元気になることができました。

必要なものは、いつもそこにある

全財産を失い、さらに1億円の負債を抱え、おまけに警察に捕まって刑務所に送られる。本当に「これって現実なの?」と思ってしまうような状態の中、私は心の支えになる「何か」を求めていたのです。そんな中で、エンジェル・カードとルーンという二つのアイテムが手元にあったのは、本当にありがたいことでした。

デンパサールの警察からブノアに移ってしばらくして、荷物の中にエンジェル・カードとルーンがあったことに気付いたのですが、それ以降は毎日欠かさずに引いていました。エンジェル・カードは全部で44枚、ルーンは25個あります。本来ならどれも同じ確率で出てきそうなものですが、エンジェル・カードは特定のものばかりに偏って、何度も引いてしまいます。特に、Support、Trust、Powerのカードは「またこれ?」と思うほど何度も出てきました。

ルーンも同じように、私に対するメッセージと感じられるようなものばかりを繰り返し引きました。不思議なことですが、どれも「なぜ、いまこれを引いたのか」という理由がわかるような気がするものばかりで、意味を調べながら納得していました。

それらのメッセージから私が感じたことは、「今回の出来事は私の人生にとって必要なことで、そこから何かを学ぶ必要があるから起きた。そして、この試練は必ず乗り越えることができる」ということです。

いつもカードを引く度に、ルーンを選ぶ度に感じたことなのですが、それによってとても力づけられました。また、自分が必要とするものを手にできていることに感謝し、「きっと宇宙がサポートしてくれているんだ」と感じることもできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。