はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

005:ベトナムでの出会いが人生を変えた

cyclo

ベトナムに行くことを決めた数ヶ月後、ビジネスで大成功し自由を手に入れて世界中を旅しているNさんに出会う機会がありました。彼のことは以前から知っていて、実際に直接会って話をするのは初めてでしたが、とても素晴らしい感性を持った素敵な方です。

一緒に食事をしながら彼にベトナムに行くことを話すと、

ベトナムに行くなら、絶対にシクロに乗った方が良いよ

とアドバイスをもらいました。シクロとは自転車タクシーのことで、前側に座席があり、後ろで運転手が自転車をこいで進む乗り物です。ただ、当時のガイドブックには「シクロはトラブルが多いので、観光客は利用しない方が良い」と書かれており、彼に勧められるまでは全く利用する予定はありませんでした。

「なぜシクロに乗った方が良いのか?」と質問すると、彼はこう答えました。

「シクロは歩くよりも速く程よい速度で進む。車だと一瞬で通り過ぎてしまう景色がゆっくりと、歩くよりも少し上のちょうどよい目線で味わえるんだ」

彼はベトナムでシクロに乗ったときの体験も話してくれましたが、話を聞いているとまさに目の前にその時の情景が拡がってくるようで、私がシクロに乗っているのではないかと思ってしまうほど、リアルにイメージできました。

ガイドブックに「乗るな!」と書いてあってもお構いなし。その場で「ベトナムに行ったら絶対にシクロに乗ろう!」と決めました。ガイドブックよりも目の前にいる人の意見の方が当てになることが多いですが、それが自分よりも素晴らしい感性の持ち主であればなおさらです。旅に限らず、どんなことでも自分よりも経験が多い人からのアドバイスに従ってみるのは、人生を楽しく生きるコツのひとつだと思います。

そして訪れた初めてのベトナム。初日の朝にホテルから出ると、ホテルの正面にいた二人組のシクロのドライバーに声をかけられました。

「どこから来たの?」

「日本から」

「おー!実は僕たちのママが日本にいるんだ!

どう見ても完全にベトナム人。おまけに顔つきも背格好も違っていて兄弟にすら見えない二人。そんな二人が「僕らのママが日本にいる」と言ってくる時点で、もう怪しさがいっぱいです。

「ははぁ、こうやって観光客を騙すんだな。注意しなきゃ」

と思いながらも、警戒しながらとりあえず話を聞いてみることに。すると、そのうちの一人がおもむろに手紙を取り出すと、私に手渡しながら言いました。

これがママからの手紙なんだ

事前に調べていた情報で、「日本からの手紙だと言って、手紙のコピーを差し出して信用させようとするのも欺しの手口のひとつ」と聞いていたので、「あ、きたきた!」という感じで、とにかくこの人は即座に断ろうと考えながらそれを手にしました。ところがよく見てみると、彼が手にしている手紙はコピーではなく直筆で、さらに差出人を見てみてびっくり。私の家のすぐ近くに住んでいる方だったのです。

詳しく話を聞いてみると、思った通り実は二人は兄弟ではなく、日本の「ママ」といっていたのは、経済的に援助をしてくれている人という意味でした。彼らはもともと非常に貧しい生活をしていたのですが、そのママの援助のおかげで、生活が向上して水上生活から陸に上がることが出来たとのこと。そして子供を学校に通わせることができるようになったそうで、本当に心から感謝をしているのが伝わってきました。

それからしばらく話を聞くうちに、「ここで出会ったのも何かの縁かもしれないな」と思い、滞在中、彼のシクロを利用することにしたのです。

運命の出会いは偶然のように起こる

起こった時にはなんでもない普通に感じられる出来事が、後から振り返ると人生の大きな転機だったという経験はありませんか?

Nさんとの出会い。それによるシクロの二人との出会い。彼らをサポートしている日本人がすぐ近くに住んでいたという偶然にも、何か運命的な出会いのように感じられました。もしかしたら、これは何か意味があって出会っているのかもしれない。なんとなくそんな風に感じました。

そして実際にその後、運命的に引き寄せられたような彼らとの出会いが、人生最大の出来事へと繋がっていくのでした。

ベトナム滞在中はほぼ毎日彼らのシクロを利用しましたが、二人ともとても誠実で、会う度にどんどんお互いの距離が縮まり、それと共に私は次第に彼らの真面目で一生懸命なところに惹かれていきました。彼らもそう感じたようで、私が日本に帰る前日に自宅での食事に招待してくれたのです。

招待してくれたことは心から嬉しかったのですが、本音を言うと、最初は現地の人の家で食事をすることに不安を感じました。地元のレストランで食事をしてもお腹を壊してしまうことがあるのに、ベトナム人の自宅に行って大丈夫だろうか?でも、またとない機会だし、彼らの誠意も無にしたくなかったため、考えた末に招待を受け入れることにしました。

彼らの家に行ってみると、確かに水上生活からは脱して普通の家に住んでいましたが、決して裕福な家庭ではなく、どちらかといえばギリギリの生活のように感じられました。家には彼らの家族が全員そろっていて、たくさんの手料理が並んでいましたが、それらの料理はその場にはちょっと不釣り合いなくらいで、日本からのゲストに対して精一杯、できる限りのおもてなしをしようという気持ちが伝わってきました。

彼らとの食事は本当に嬉しいひとときでした。とても心が満たされて豊かな気持ちになることができて、私にとって忘れられない体験となりました。

二人と過ごした数日間であらためて実感したことがありました。それは「日本に生まれて本当に良かった」ということです。日本は何をするにも自由で、彼らと違って自分で努力をすれば自らが望む生活をすることが出来る。それまでは当たり前と思っていたことに、心から感謝の思いが生まれました。もしも私が彼らと同じ環境に生まれていたら、たとえ今と同じだけの努力をしてもこのような生活を手にすることは出来なかったでしょう。

そのことに気付いたとき、それまでの私にはなかった気持ちが心の中に灯りました。それは「途上国に住む彼らのような人達のために何かをしたい」という思いで、その気持ちはそれからどんどん大きくなり、遂には私をビジョンへと導いてくれたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。