はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

016:オープニングパーティ〜人生で最高の夜

party

人生では、一生忘れられない出来事に何度か遭遇します。私の場合、2005年1月18日の出来事がそうでした。

「いつかバリ島にホテルをオープンしたい」という夢ができてからわずか三年半後のこの日、遂にホテルがオープンすることになりました。

いつかと思っていた夢が、まさかそんなに短期間で実現できるとは思ってもいませんでした。達成できたのは私個人の力ではなく、本当にたくさんの人達のサポートがあったからです。このホテルは応援してくれた人達の想いが形になったものと言っても良いでしょう。

そこで、感謝の想いを少しでも形にするために、正式オープンを前にプロジェクトに協力してくれた人達を招いてオープニングパーティを開催することにしました。

ただ、「招く」といっても、バリまでご招待するための資金はありませんので、日本からバリまでの旅費はそれぞれ自己負担をお願いしました。ホテルでの滞在やパーティはもちろん無料ですが、ホテルに来てもらうためにはある程度の費用がかかります。果たして何人くらいの人達が参加してくれるかな・・・と思っていましたが、最終的にはプロジェクトへの出資者の約半数の方々が参加表明をしてくれました。

パーティの内容についてはスタッフも交えて何度も打ち合わせをし、バリらしさを感じてもらうためにガムランの演奏やバリダンスなどを盛り込みました。そして、せっかくなので、演奏とダンスは地元の人達に依頼をすることに。飾り付けは何日も前からスタッフ総出で準備し、会場セッティングもみんなで行いました。

いよいよ、ホテルにとっての最初のお客様がやって来ます。それぞれ日程やフライトは違いますが、パーティの数日前には全員がバリに到着しました。到着する度にホテルの車で空港に向かってピックアップ。そして、ホテルに到着すると誰もが本当に心からお祝いの言葉をかけてくれました。

「素敵なヴィラができたね!」
「本当に実現したんだね。」
「夢の達成、おめでとう!」

ホテルはまだプレオープンしたところで本番はこれからで不安もありましたが、そんな私にとって、応援してくれた人達からの言葉は大きな力になりました。

パーティーまでの数日間はいくつかの観光スポットを案内したり、バリ伝統のダンスを観に行ったりして過ごしてもらいましたが、初めてバリに来た人も含めて楽しんでもらうことができて、みんなバリを大好きになってくれたようでした。

人生で最高に感動した夜

そして迎えたパーティ当日。

夕方になり、空が少し赤みを帯び始めた頃にパーティがスタートしました。ガムラン(バリ伝統の楽器)演奏やダンスの始まりとともに雰囲気も徐々に盛り上がり、次第に全員の気持ちも一体になるのが感じられました。

あの夜の出来事は今でも忘れることができません。私がステージに立って、日本から来てくれた人達に感謝の言葉を述べていた時の会場の空気感は、目をつぶると今でもその場にタイムスリップしたかのように思い出されます。ホテル建設のために出資をしてくれた人達。そして、これから一緒に運営していってくれるスタッフの人達。立場は違っても、全員が私の夢のために協力をしてくれたかけがえのないパートナーです。

そんな人達に囲まれてのパーティなのですから、これ以上に感動的な瞬間はないでしょう。

そしてパーティも中盤にさしかかり、日本から来てくれた出資者の人達から祝福のメッセージやお祝いのプレゼントをいただいた時には、盛り上がりが最高潮になりました。みんな素敵な笑顔で、中には抱き合ったりしながら全身で嬉しさを表現する人もいました。

出資してくれた日本の人達、ホテルの現地スタッフ、そして地元の人達。パーティにはそれぞれ立場が違う人々が数十名いましたが、それらの人達全員の想いがひとつとなり、夜遅くまで素敵な時間を過ごすことができた最高の夜でした。

「いつか」と思っていた夢が数年で現実になり、それをサポートしてくれた人達と達成の瞬間を共有できた夜。この夜のオープニングパーティは、私の人生の中でも間違いなく最高に感動した出来事で、またとない体験でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。