はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

009:旅行会社の立ち上げ

vw_camper

レストランで二人で食事をしながら、いろいろ話をしていたとき、彼は自分の夢を語り出しました。それは、バリに学校を作る事。「経済的な理由で勉強できない子ども達がたくさんいるので、その子ども達のために将来学校を作りたい」というのが彼の夢でした。

それを聞いたとき、私は嬉しいような、ちょっと驚いたような何とも言えない不思議な感じになりました。なぜなら、それは私が考えていたビジョンそのものだったからです。

ビジョンが明確になって最初のバリで、まさか自分と同じ思いを持った人に出会えるとは想像すらしていませんでした。私はワクワクしながら彼に自分の夢を伝えました。

自分もいつの日か、小さくてもいいからホテルをオープンしたい。そしてバリの人達に仕事を提供し、将来はそこからの収益で学校を作りたいんだ!

私の話を聞いた彼は一瞬驚いたように見えましたが、すぐにとても嬉しそうな顔になりました。たまたま一緒に食事をすることになったホテルの宿泊客である日本人が、まさか自分と同じ夢を持っているとは思いもよらなかったのだと思います。

彼も相当嬉しかったのか、それからは二人の共通の夢を話題に大いに盛り上がり、お互いのビジョンについて時間が経つのも忘れて語り合いました。

これは偶然なのか?それとも必然なのか?

もしかしたら、バリへの旅行日程が半年ずれたのも、泊まりたかったヴィラが満室だったのも、この出会いのためだったのかもしれない。予定通り夏に旅行に来ていたら、当初予定していたホテルにそのまま泊まっていたら、一緒に食事をしなかったら・・・。もしかするとこれは偶然のように見える運命の出会いかもしれない。自分の部屋に戻ってからも、そう思いながら興奮してなかなか眠れませんでした。

彼とは数日後に再び一緒に食事をし、さらに詳しくお互いの将来の夢を語り合いながら、前回以上に楽しい時間を過ごすことができました。私は自分の夢をシェアできる相手に巡り会えたことが本当に嬉しくて、その出逢いに心から感謝しました。

食事も終わり、そろそろホテルに帰ろうかという時、彼は予想外のひと言を口にしました。

一緒にビジネスをしよう!

ビジネスと言っても、この時に彼が提案してきたのはホテルではなく、比較的手軽にスタートできる旅行会社の立ち上げでした。当時、バリ島を訪れる観光客の国別の比率は日本人がトップで、日本人をターゲットにしたホテルや旅行会社がいくつもありました。日本からの観光客は年々増加の傾向で、確かにそれは大きなチャンス。さらに、インターネットの普及に伴いリアルな店舗を持たなくてもビジネスが始められるため、初期投資が少ないのも魅力的でした。

日本とバリでは物価が違うため、必要な資金は自己資金でなんとかなる範囲。それであれば万一失敗してもなんとかなる。もしも上手くいけば、ホテルほどではないけれど、バリの人達になにか貢献できるかも知れない。小さな一歩だけれど、何もしないよりも動き出した方が良いのではないか・・・。

考えた末に出した結論は「GO!」でした。帰国までに残された時間はあまりありませんでしたが、滞在中に出来る限りの打合せを行い、私が日本に戻ってからは毎日何通も、時には何十通ものメールをやりとりをしながら準備を進めました。

社員二人の小さな旅行会社がスタート!

それから数ヶ月後、遂にインターネット専門の旅行会社がオープンしました。

従業員は二人だけ。小さな旅行会社のスタートです。私が日本人向けに日本語でウェブサイトを制作。メールでお客様からの問合せや予約に対応し、彼が現地でホテルとの契約やツアーの手配などを行うことで作業を分担しました。日本とバリ。お互いそれぞれの国で、共通の大きな夢に向けて第一歩を踏み出したのです。

私達の会社は「バリへの貢献」であって、利益を上げることが最大優先ではありません。とはいえ結果は出したい。後発かつ弱小の会社なので何か特長が必要と考え、「お客様の満足を第一に考える」をモットーにしました。

「自分が旅行者だったらどうして欲しいか?」「どんなサービスがあったら嬉しいだろうか?」を常に考えました。私が日本にいる時はネットや書籍で、バリにいる時は自分の足で現地の情報を仕入れ、新しいサービスを提供できないか考える。お客様からの質問や要望にできるだけ応えられるように、という思いで取り組んだ結果、日を追うごとに徐々にお客様も増えて順調な滑り出しとなりました。

日本とバリとの毎日のメールもどんどん増え、バリに行った時はほとんど彼と一緒に過ごしていたため、お互いの距離も一気に縮まりました。そして相手に対する理解度も急激に高まり、彼に対する信頼も増した結果、「いつかホテルをオープンするときには、彼に協力してもらおう」という思いが次第に大きくなっていったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。