はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

032:再び同居人。リチャード登場

welcome

B棟での生活がスタートして一週間ほどしたある日、朝の点呼が終わってから出かけて、お昼前に部屋に戻ってくると見知らぬ男性がいました

同居人が来ることは事前に聞いていなかったので、突然のことでちょっと驚きました。ただ、この棟には既に空室はなく、他と比べても私の部屋は広い方だったので、誰かが来るならこの部屋になるのは仕方ない状況だったと思います。でも、ここでの環境にようやく少し慣れてきたところだったので、「できれば一人が良いんだけど・・・」というのが本音でした

彼は穏やかで物静かな感じで、私より少し年上に見えました。名前はリチャード。ニュージーランド人で、かなり長い間バリに住んでいるようでした。今回はマリファナ所持で捕まったのですが、やはり外国人が逮捕される理由は圧倒的にドラッグのようです。

同じ部屋をシェアして過ごす事になったため、今までと違いちょっと気を遣わなければならなくなりました。私達の部屋にはテレビもオーディオもなかったので(同じ棟の何人かは持っていて、夜などは良く音が聞こえていました)音の問題はありませんでしたが、それでも、これからは相手の生活リズムを考えて行動する必要があります。

例えば、自分ひとりだったときに外出する際には、いつも入り口のドアに南京錠をかけていました。手荷物は少なく高価なものはありませんでしたが、誰でも好きに出入り出来る状態で開けっぱなしはちょっと不安です。留守中に何かを盗まれるという心配をなくすためにそうしていたのですが、今度はリチャードがいるため少々勝手が違います。

彼は問題があるようには見えませんでしたが、でも、彼が部屋を出る時に鍵をかけ忘れるということもあるかもしれないし、なにせここは犯罪者だらけの刑務所の中。とにかく問題が起こらないように、いつも先回りして注意しておく必要があります。正直なところ、彼に会った日は、二人になるデメリットしか思い浮かびませんでした。

突然の同居人。
リチャードって、いったいどんな人なんだろう?
と思い、その日の夜に食事をしながら彼といろいろ聞いてみました。

彼の話では彼は作家で、ここに来る前に3部作からなる本を書き終えたところとのこと。また、とてもスピリチュアルな人のようで、毎日何度か瞑想をするのが習慣のようでした。また、マッサージもできて、作家に加えて仕事としてもやっていたようです。私はもともとマッサージが大好きなのですが、その話をしたら「少し落ち着いたらやってあげる」ということになりました。その時は、同居人はあまり嬉しくないけど、それはちょっと嬉かったです。

それから数日後の夜、食事が終わってから始めて彼にマッサージをしてもらいました。時計は気にしていませんでしたが、多分1時間ほどだったでしょう。とても気持ちよくて、最初はいろいろな話をしていたと思いますが、途中からは心地よくて眠ってしまいました。マッサージの技術が上手だったのはもちろんですが、きっと彼のエネルギーが私に合ったんだと思います

リチャードからのメッセージ

マッサージをしてもらった夜、私はバリでホテルを作ろうと思ったきっかけから、トラブルに巻き込まれてここに来るまでの経緯を詳しく話しました。

バリにホテルを作ろうと思ったのはなぜか。信頼していたパートナーに裏切られた時どれだけショックだったか・・・など、私が話しをする間、彼は何も言わずに黙って聞いていました。

そして私が話を終えると、いくつかのメッセージをくれたのです。それはダディットがそうしてくれたのと同じような感じでした。

「もしも」とか「たぶん」はダメ。自分の心で思うことがすべてを作る。こうなって欲しいと思うことがあったら、それを強く意図することが大切。

警察に捕まってから約1ヶ月。その時はまだ裁判にもなっていなかったので、果たして、いつになったら日本に帰れるのかもわからない状態でした。さらに、刑務所の中は過去の常識が全く通じない別世界。仮に日本に無事に帰れたとしても、ホテルのがどうなるか全くの未知数。そんな状況の私に対して彼がかけてくれた言葉です。

人生は海のようなもの。とても深く、静かでそして安定している。いろいろ起こる良いこと、悪いことは波のようなもの。日々起こる出来事に一喜一憂せずにもっと大きな視点で捉えること。

人生において、毎日起こる出来事を全て思い通りにすることはできません。でも、「波のような日々の出来事」に左右されるのではなく、最終的にどうなりたいのかをイメージし意図することがとても大切。リチャードの言葉でそのことをあらためて感じることができ、そしてとても力づけられました。

起こった出来事はプラスに受け止める

この部屋でリチャードに初めて出会ったとき、正直なところ「せっかく一人で過ごしていたのに嫌だなぁ」と思いました。でも、彼といろいろな話をすればするほど、彼の人間性の良さが伝わって来て、ここで出会えたことに感謝するようになりました。

最初は「なんでそうなるんだ?」と、否定したくなるような出来事も、時間が経ってから振り返った時に「あの事があって良かった」と思うことがあるんだと、あらためて実感しました。

環境が変わると、どうしても不安な気持ちになってしまうものです。特に、見知らぬ場所で話をする相手が誰もいないとなおさらです。そんな私にとって、彼はまさに絶妙なタイミングで現れてくれました。そして、それ以来ずっと、私がここを出るまでの間良きサポーターとなってくれたました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。