はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

011:情熱があれば問題はクリアできる

budget

今でも根強い人気を誇るバリ島ですが、当時人気の高まりとともに、雑誌やメディアで取り上げられることも増えていました。多分大勢の人々が「これからバリの人気が高くなる」と感じていたと思います。

私は当初、「小さくても良いから、いつかバリにホテルをオープンしたい。そのために日本でビジネスをがんばろう」と考えていました。つまり、少しずつ資金を貯めて将来的に目標金額が貯まった時にホテルを建てようと思ったのです。

しかし、資金を集めて建設しても十分にメリットがあることがわかったことで、私の中での目標時期は遠い未来から、手の届く未来へと一気に近づきました。

ホテルを作る目的は自分自身の収入を増やすことではなく、バリに住む人達のサポートをすることなので、投資資金を回収した後は、ホテルからの収益を教育施設の建設や、奨学金などの支援、雇用の供給など、さまざまな用途に使うことができます。自分の力で資金を貯めていった場合、遠い将来に夢は叶うかもしれませんが、「誰かのため」が目的だという視点で考えると、出来るだけ早く実現するにこしたことはありません。

そこで、建設資金を5,000万円と想定し、「この資金をどどうにかして集めることはできないだろうか?」と考えることにしました。

いろいろとアイデアを考えているとき、ふと、ある大手企業の創業者の言葉を思い出しました。

顧客を100人増やしたかったら、まず1人顧客を作る。そしてそれを100回繰り返す

私の周りには、5,000万円という大金をポンと出してくれる人はひとりもいません。でも、もしも私の夢を語り、情熱が伝わってそれに賛同してくれたら、100万円なら出資してくれる人がいるかもしれない。ひとりひとりの出資額は少なくてもよいから、人数でカバーしようと思ったのです。

そこで「100万円の出資者を50人探す」を目標に設定し、「いつか」ではなく「今から」プロジェクトをスタートしよう!と決断したのです。

心の底にある想いを伝えると、人は共感して動く。

真っ先に相談したのは、長い間お世話になっている美容室のオーナーでした。彼女は新しいことや面白いことが大好きでとても前向きな人なので、「一口しか出せないけど、ぜひ協力するわ」と、このプロジェクトに即座に賛同してくれました。一人目の出資者です。そして、知り合いにも声をかけてくれることになりました。

出資を募るために声をかける時に意図したのは、「できるだけ私の夢・思いに賛同してくれる人に出資して欲しい」ということです。

私は「お金というものはエネルギーだ」と考えています。

お金は時間や労力などのエネルギーを費やして得ることが出来るもの。同じ金額でもそのお金が持つエネルギーも大切だと思うので、単に出資するというだけではなく、そこに「ぜひ成功して欲しい」「夢が叶ったらいいね」という思いも乗せて欲しい。たくさんの人が協力してくれて、その人達全員の思いがひとつになったら、きっとプロジェクトも上手くいくに違いないと思ったからです。

普段から将来の夢などについて語り合っている友人や、一緒にビジネスをしている知人など、私の事を知っていて思いに賛同してくれそうな人にひとり、またひとりと声をかけたところ、本当にたくさんの人達が出資を快諾してくれました。そして同時に「ヴィラを建てることでバリの人達をサポートする」というビジョンにも賛同してくれたのです。

彼らの中には、自分たちの知り合いに話をしてくれた人もいて、プロジェクトのスタートから僅か数ヶ月で約40人が協力してしてくれることになり、目標としていた金額が集まりました。まさに「人の想いが伝わるとモノゴトは大きく動く」ということを実感できた瞬間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。