はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

023:全てのことには意味がある

Grow

ダディットが言うように、思い返してみればそれまでに「サイン」らしきものがあったようにも思えました。

ただ、ヴィラのプロジェクトでは「シンクロニシティ」のような偶然とは思えない出来事がいくつも起こっていたため感覚が鈍っていたのだと思います。まるで何かに導かれているかのような感じがして自分が正しい方向に進んでいるとしか思えず、その結果小さなサインに気づけずに見落としてしまっていたのです。

その夜、ダディットの言葉をきっかけに少し冷静になれた私は、あらためて自分が置かれた状況を見つめ直してみました。

いろいろ考えましたが、今回の出来事がなぜ起こったのかという理由はわかりませんでした。でも、理由はわからなくても「きっとこのことを通じて私自身が学ぶべき何かがあるから起こったに違いない」とプラスに捉えようと思いました。

誰かにバリの話をすると、「ヴィラのパートナーに裏切られたと分かった時にどんな気持ちだったか?」と聞かれることがあります。

普通なら恨みや怒りが込み上げてきそうですが、実はそのような思いは全くありませんでした。それよりも先に出てきたのは、全てがウソだったことや、全てを失ってしまい二度と元に戻らないことへの悲しみや悔しさだったのです。

この出来事から現在に至るまで、彼に対して怒りや憎しみなどの感情を持ったことは一度もありません。それよりも大きかったのは、私の夢に賛同して出資してくれた大勢の人達に対する申し訳ないという気持ちでした。

現実にヴィラは建ちました。問題はパートナーの選択を誤ったこと、そして彼を100%信頼してしまったことです。もちろん裏切った彼が悪いのは事実ですが、それはそれとして彼を選んだのは私である以上、責任は私自身にあります。

「もしかしてあの時にこうしていれば」ということが全くなかったかというと嘘になりますが、でも既に起こってしまったことはどうすることもできません。それまでの出来事から学ぶことは必要だけれど、過去の出来事を後悔することはやめて、未来に目を向けようと決心しました

私は生まれ変わりを信じています。生まれてくるとき、人は自分の人生を自分で決めてくると信じています。人は生まれたときは何も持たずに自分の魂だけでこの世に来て、死んだときも魂だけが帰って行く。どれだけ多くの資産を築いても、どれだけ高い地位や名誉を手にしても、それらを持って帰ることはできません。人生の目的とは、自分自身の魂を成長させること。私はそう信じています。

ヴィラの権利を全て失い、さらに一億円の負債を抱えなければならないと分かった時、私は生まれて初めて、自ら命を絶つ人の気持ちがわかりました。死んでこのことから解放されるのであれば死を選ぶかもしれない。死にたいという感情を理解することができました。

でも、生まれ変わるとしたら、例え死んだとしてもその問題から逃げることはできません。その問題を解決することが人生の課題の一つだとしたら、壁を乗り越えるまで何度でも同じ事が起こるということを意味しているからです。

さまざまな問題に直面した時、それを乗り越えるためにいつも私の心の支えとなっていた言葉があります。

人生において乗り越えられない壁はない

それまでの人生で遭遇した壁に比べて、今回の壁はあまりにも大きく「本当に乗り越えられるのか?」と不安になりましたが、「乗り越えられない壁はない。必ず乗り越えられる」と考えました。バリの警察で、私はこの言葉を何度も何度も唱えました。どちらかというと、言い聞かせたという方が正しいかもしれません。

なんでこんな大きな問題に遭遇してしまったんだろう?とは思いましたが、この言葉のおかげで「このことから何かを学び、成長する必要があるんだ」と考えて、起きたことをすべて受け入れることができました。

返済を続けている今の時点ではまだ「乗り越えた」ではなく、「越えている途中」と言った方が良いでしょう。でも、今はもう「本当に乗り越えられるのだろうか?」という不安はありません。この先すんなり事が運ぶかどうかはわかりませんが、少なくとも「自分を信じてやるべきことをやれば必ず乗り越えられる」という信念が生まれました。もしも再び何かの壁に当たったとしても、これよりも大きな壁に当たることはないでしょうし(そんな壁には当たりたくもないですが)、きっと乗り越えられると信じています。

ダディットの言葉は、いまでも私の心の中に生きています。彼との出会いは、当時の私にとってはもちろん、今の私にとっても本当に感謝すべき出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。