はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

036:待ちに待った瞬間〜帰国へ

ブノアから刑務所に移ってきてから約1ヶ月後。やっとのことで裁判が終わりました。

若干の予定変更はありましたが、すべて当初から分かっていたこと。内容も日程も全て予定通り、シナリオ通りでした。ヴィラの部屋に警察官が来て逮捕されてから約2ヶ月。遂に帰国できることになりました

もともと無実の罪で捕まっていて、その上有能な弁護士がついているとはいえ、日本とは何もかもが違うバリでのこと。最後の最後まで安心はできませんでした。

1,000万円以上の裁判費用と約2ヶ月という長い時間をかけてようやく帰国できることになり、ようやく少しだけ気持ちが楽になりました。地元の新聞には私が捕まった時、「ドラッグ所持で日本人逮捕。懲役15年か」などと書かれていましたが、状況によってはそれもあり得た訳です。それがこれだけ短期間で帰国できるというのは異例のようでした。

刑務所で会った人達の中には、私より遙か以前に逮捕されたにも関わらずまだ裁判中で、いつ判決が出るのかさえわからないという人が何人もいました。中には現地の弁護士に数百万円の費用を支払ったのに何もしてくれず、「持ち逃げされてしまった」という人さえいました。

そういう点では非常に恵まれていたと言えるでしょう。なにはともあれ、再び自由を取り戻し、無事に日本に帰れる日を迎えることができたのです。

刑務所内での盛大なパーティ

帰国の直前、最後の大きなイベントがありました。それは、同じ棟にいたデディのバースデー・パーティです。

彼も他の人と同じようにマリファナの所持でここに送られてきたのですが、とても穏やかで繊細な優しい人で、私もすぐに仲良くなりました。

そのパーティには同じ棟のみんなはもちろんですが、他の棟の知り合いや一部の看守も含め、総勢約70名が招待されました。そしてその費用は全て彼が負担。つまり「全員フリー」だったのです。刑務所でパーティができることも驚きでしたが、もっと驚いたのは、全員が招待だったということです。

そんなことができたのは、彼が裕福だったからなのは当然です。でも、お金があるからといって、知らない人まで招待してパーティをするかどうかは別です。私は彼の行動を見ながら、「自分は今までお金がある時でもそういうことはしていなかったなぁ」と思いました。そして、「将来再び経済的な余裕を手にした時には、周りの人が喜ぶことができる人になろう」と思ったのです。

それは裁判が終わって帰国する数日前の出来事でした。

今回の出来事は、本当に最後の最後まで、「それまでの自分に何が足りていなかったのか、これから先、どのように変われば良いのか」というヒントをもらった気がしました。

「所有する」ということについてのヒラメキ

実はこのパーティよりも少し前のある夜。部屋で横になっている時にふと、こんなことが頭に浮かんできました。

「自分のものは何ひとつない。全ては神様が与えてくれている」

もともと、人は生まれてくるときに魂ひとつでこの世に来て、死んだときも何も持たずに帰って行きます。つまり、自分が所有していると考えている全てのものは、この人生を生きている間だけの借り物と言えるかもしれません。

そう思うと、何かを「失う」という考えはなくなります(そもそも所有していないから)。日本に帰るとモノがたくさんあるので、今ここでもう一度そのことをしっかりと心に刻んでおこうと思いました。

バリの刑務所で感謝したこと

当時の日記に、その時の思いがこんな風に書かれていました。

今自分が持っているモノに執着せずにそれを手放すことができれば、必要な時に本当に必要なモノがやってくる。
『全てはひとつ』ということを忘れないようにしよう。全ては同じ手〜サムシング・グレート〜によって書かれているのだから。

『手放す』ということは失うことではない。
そう思う事ができると執着しなくなり、リラックスできるようになる。

全ては与えられているもの。自分のモノはなにもないということをいつも胸に、これからの人生を生きていこう。
そして、常に相手のことを考える。どれだけのことをしてあげられるか。いつも愛をもって接し、考え、行動すること。

人に貢献できる人生のために、自分を手放し大きな流れに身を任せる。
そして、未来の豊かな人生に感謝をしながら生きていこう。これからの素晴らしい人生に感謝。そして、これからの素晴らしい出逢いに感謝。

この時感じたことは、今の私の中に生き続けています。

ノックとともに警察がやって来たあの朝からこの日まで、一生忘れることができない2ヶ月になりました。

その間に起こった出来事は、私だけの力では到底乗り越えることはできなかったでしょう。それを乗り越えることができたのは、たくさんの人達の励ましや支えがあったおかげです。

私は、それまでサポートしてくれた日本の家族や友人、弁護士事務所のスタッフ、そして警察や刑務所の人々に感謝をし、刑務所を後にして日本に向けて帰国の途についたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。