はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

幸せな人生を送るために最初にやるべきこと

Trip

よく、人生は旅に例えられます。
偶然の出会いがあったり、予期せぬ出来事に遭遇したり。人生と旅にはいろいろな点で共通点があります。

旅をする時に必ず必要なもの。そのひとつは「目的地を決めること」です。どこに行くのかも決めずに出発していたのでは、それは旅ではなく放浪です。

人生における目的地とは、将来的にどうなりたいか。つまり「夢」です。旅に行く時には大抵の人が「どこに行くか」を決めるのに、人生の目的地となると、それを決めずに毎日を過ごしている人が圧倒的に多いのです。

人によっては日々の生活で手一杯と言うこともあるかもしれませんが、豊かな人生を送るためには、どんな環境・状況に置かれていてもしっかりとした目標持つことが必須です。

人生の目的を決めよう!

旅をするときに目的地を自分で決めるように、人生の目的も誰かに決めてもらうものではなく、自分自身で決めるべきものです。

私が若い頃は、「良い大学に入って、良い一流の企業に就職すれば幸せな人生が送れる」などと言われていました。そのため、勉強して良い成績を取り、良い大学、良い企業に進むことを目標にしていた人が多かったと思います。

でも、冷静に考えるとこれは非常におかしな話です。旅に例えるなら、どこに行くかも決めず、「良いスーツケースを買って、良いカメラを買って、たくさんガイドブック読めば良い旅行ができる」と考えるようなものです。必要なモノは行き先によって変わってくるので、まずは「どこに・何を目的に」行くのかを決めなければ準備もできません。

人生の目的。それは「ビジョン」と呼ばれます。これは最終的に自分がどのような人生を歩みたいのかということで、目標とは違います

仮にあなたが自分で会社を起こし、将来的に上場させたいと考えているとしましょう。これは「目的」ではなく「目標」です。大切なことは、会社を上場させた結果何をしたいのか?という目的を明確にすることで、それが「ビジョン」です。

医者になりたいと思うなら、医学部に進む必要があります。でも、医者になることも、そのために医学部に入学することもどちらも「目標」です。「何のために医者になるのか?」が目的で、まずはそれをハッキリさせることです。

ビジョンを決めてから、手段を考える

私は途上国の人達に対して貢献したいという想いから、バリ島にホテルを作ろうと思いました。現地の人達に仕事を提供したり、そこからの収益で学校を作ったりということを考えましたが、そのビジョンが達成できれば、別に手段は何でも良かったのです。当時の私には、ホテルを作ることが最もしっくりくるアイデアだったというだけです。

例えば、3人の人がいて、それぞれ起業する、医者になる、スポーツ選手になるという夢を持っていたとしましょう。それらは「やりたいこと」、つまり「目的」のように感じられるかも知れませんが、全て「目標」であり「手段」です。

もしかしたら、3人とも「自分の得意分野で成功して社会に貢献したい」という共通のビジョンを持っているかもしれません。そのビジョンを実現するために、ある程度の収入や社会的な地位を得たいと思い、そのための手段が起業することであったり、医者になることであったり、スポーツ選手になることであったりするわけです。

まずはビジョンありき、です。

目的地が明確だと、正しい道を選択しやすくなる

仮にあなたが東京にいて、これから大阪に行くとします。移動手段は、新幹線・飛行機・バス・車などいろいろありますが、目的地が決まっていると、「どっちに向かえば良いか」が明確になります。

東京駅から新幹線で移動するのであれば、東北新幹線や北陸新幹線ではなく、間違いなく東海道新幹線に乗るでしょう。飛行機であれば、札幌や沖縄行きの便ではなく、伊丹か関空行きのフライトを選ぶはずです。人生も同じで、ビジョンが明確だと「どの方向に向かえば良いか」が明確になるので、迷った時に決断が早くなります。

Google Mapsやカーナビで目的地をセットするとそこまでのルートを検索してくれますが、時には予想外の渋滞や、突然の事故などで予定していたルートを通れないこともあります。そんな時、仮に途中でルートから外れてしまっても、瞬時に別のルートを検索してくれます。

人生も同じです。「こうなりたい」と思って行動していても、いつも思った通りに進むとは限りません。どちらかというと、困難に遭遇したり壁にぶつかったりして、思い通りにならないことの方が多いでしょう。そんな時、「ビジョン=目的地」が明確になっていれば、ナビのリルートと同じように、常に別の手段を探しながら確実に達成に近づくことができます

ナビも人生も、まず最初に「目的地」をセットすることが重要なのです。

手段と目的が入れ替わらないように注意しよう

ビジョンが明確になり、それを達成するための手段も決まり、いよいよ具体的に動き出したとしましょう。ここで注意すべきは、「手段が目的にならないように」することです。

以前、一部の企業で食品の賞味期限が改ざんされたり、産地が偽装されたりする事件が相次ぎ、その中には誰もが知るような大企業もありました。

きっとそれらの会社も、創業者が起業した時は「人々に美味しいものを提供して喜んでもらいたい」と考えていたはずです。そのために会社を作り、「より多くの人に提供するためには、会社の規模を大きくしよう」と考えたのでしょうが、それがどこかで「良いものを提供する」ことよりも「会社を大きくすること」が重視されてしまい、おかしくなってしまったのだと思います。

このように、手段と目的が入れ替わってしまうのは良くあることです。

常にビジョンを意識し、今やっていることはそれを達成するために必要な事なのか?ということをチェックするクセをつけましょう。できれば、あなたの周りに客観的かつ冷静にアドバイスをくれる人がいればベストです。

人生の目的地が明確で、そこに向かって行動をし続ければ、時間はかかったとしても必ずそこに到達することができます。ビジョンを持つことは、幸せで豊かな人生を送るためにとても大切なもののひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。