はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

017:順風満帆で迎えた1周年

Sailing

オープニングパーティの感動の夜が明けて数日。日本から駆けつけてくれた人達がひとり、またひとりと帰国していきました。

全員がバリから旅立つと、スタッフ全員を集めてミーティングを行いました。パーティに参加されたお客様を迎えたことで気付くことができた問題点を洗い出し、オープンまでの間に改善するという大切な仕事が待っているからです。

ホテルの正式オープンはパーティの翌月、2月1日でした。

事前に出来る限りの広報活動を行っていたおかげもあり、滑り出しはまずまず。当初の予定通り、予約は全て日本からのお客様でした。
そしてその後も継続的に予約が入り、幸いなことに稼働率は徐々に上向いていきました。

目標を達成するには、接客などのソフト面を常に改善してレベルを上げつつ、PR活動にもより一層力を入れていく必要があります。旅行会社への売り込みや雑誌への広告掲載、インターネットでのPRなど、とにかく出来ることは何でもやりました。

私がバリにいる間は出来るだけホテルにいるようにして、宿泊して頂いたお客様と直接コミュニケーションをするようにしました。小さなことであっても、お客様からの意見や要望はできるだけ取り入れようと思ったからです。

常に「一日も早くホテルを理想の形にもっていきたい」ということを考えてスタッフやお客様と接する毎日は、本当に充実した幸せな毎日でした。

スタッフとのビジョンの共有

私が最も力を入れたのはスタッフの教育でした。日本人とインドネシア人では価値観や生活習慣が違うため、日本人の「ツボ」に入るようなサービスを提供できるようになるには、時間をかけて教えていくしかありません。

そしてもうひとつ。スタッフには仕事に対してやり甲斐を感じて、目標を持って取り組んで欲しいと考えていました。自分が「何を目標にして生きているか?」は、全ての行動に影響すると思っているからです。

自分はお客様に対して何を提供し、どうなってもらいたいのか。また、ホテルが順調に運営できた時、私達が地域の人々に対して何ができるのか。

自分達の仕事のクォリティを上げることで、お客様に最高のひと時を過ごして頂くことができ、それがバリに住むたくさんの人たちのためになり、回り回って自分にも返ってくる。それを分かった上で仕事に取り組んでもらいたかったのです。

スタッフを採用するときの面接で、私は「なんのために、ここにホテルを作るのか?」という、私のビジョンを話しました。そして、全員にある質問をしました。その質問とは、「あなたの夢はなんですか?」というものです。

採用にあたっては、その人の経験やスキルも考慮しましたが、それと同じくらいこの質問の答えも重要視しました。

そうやって、常に目的意識を持って取り組んだ結果か、その後も右肩上がりにお客様も増えて稼働率も順調に推移。初年度は最終的にほぼ当初の計画通りの稼働率を達成することができました。

次のステップに進む大きな決断

最初の一年を目標達成という結果で終えることができた。ホッとすると同時に手応えを感じた私たちは、あるプロジェクトをスタートすることにしました。

それは第二のホテルです。はじめから「ホテルは何ヶ所かに建てよう」とは思っていましたが、当初はそんなに急ぐつもりはありませんでした。それなのに、オープンから1年も経たずに次の計画をスタートしようと思ったのには理由があります。

バリ島は小さな島ですが、その中でもホテルやレストランはいくつかの地域に集中しています。つまり開発が進んでいる地域とそうでない地域では格差大きく、人気のある地域では土地の価格がどんどん上昇していました。

当時、バリの人気は年を追うごとに高まっており、観光客も増加の傾向にありましたが、土地の価格はそれらを上回る速度で上昇していて、それはますます加速しそうな状況でした。

特に、ホテルを作るのに向いている土地は限られているので、時間が経てば経つほど土地の入手が困難になってしまう。それが次のホテルの建設をスタートしようと考えた理由です。

必要な資金は前回と同じ方法で集めることにしましたが、今回は最初の時と大きな違いがひとつありました。それは、既に最初のホテルがオープンしていて、実際に稼働していたということです。

人は一度体験すると、より強くイメージできるようになる

最初のプロジェクトをスタートして出資者を募っていた時、ホテルは私の頭の中にしかありませんでした。できる限りの言葉とエネルギーを使い、その頭の中にあるイメージを相手に伝えていった結果、必要な資金が集まり、想いがひとつになってホテルが形になったのです。

まだなにも形になっていないものに対して出資してもらうのは、非常にパワーがいることです。でも、今回は既にホテルがオープンしていたので、ホテルの写真はもちろん、経営状況については実際の数字を見てもらうこともできる。そのことは新たな出資者を募る上で大きなプラス要素でした。

そしてもうひとつ大きな違いは、私自身が「ホテルをオープンする」という体験をしていたこと。これこそが最大の違いだったと言えます

存在していないものをイメージして伝えることと、実際に存在し体験したことを伝えること。この二つには大きな違いがあります。私自身が体験を元に話すことができたことで、前回よりも短期間で必要な資金を集めることができ、無事に次のヴィラのための土地を確保することができました。

ヴィラのオープンから約一年半。この時は全てが順調に進んでいました。それは予想以上のペースで、まさに「宇宙がサポートしてくれている」と感じていたほどでした。そんなこともあり、まさかこの後、奈落の底に転落するような「人生最大の大事件」が起きようとは夢にも思っていなかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。