はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

020:二つのトラブル

Help

警察に連行されて少し経って、ようやく自分がおかれた状況を冷静に観察する余裕が出てきました。最大の疑問は「そもそも、どうして私の部屋にドラッグがあったのか」です。

私の部屋はホテルの敷地内にあり入り口は通路に面していたため、外出するときは必ず鍵をかけていました。私が留守の時に部屋に入れるのはホテルのスタッフだけ。言い方を変えると、スタッフなら私の留守中にドラッグを私の部屋に持ち込もうとすれば簡単にできるということです。

考えてみればあたりまえの事ですが、捕まった当初、私はまさかスタッフの誰かがそんなことをしたとは信じられませんでした。そうすることのメリットが何もないと思ったからです。

しかし時間が経つにつれて事態の全貌が見えてくると、私の考えが間違いだったことが明らかになりました。

明らかになった陰謀

警察に拘留されてからしばらくの間、パートナーであったマネージャーもホテルのスタッフも、全面的にサポートしてくれていました。スタッフが毎日面会に来て、必要なものがあればすぐに届けてくれ、また、服の洗濯なども行ってくれていたのです。弁護士事務所には主に警察に対する対応をお願いし、生活する上でのサポートはホテル側でという感じで非常に協力的でした。

そんな中、弁護士がいろいろ調査を進めていくと、ある事実が浮かび上がってきました。それは、ホテルの名義についての問題でした。

ホテルの建設資金の大半は日本からの出資金だったため、ホテルは私が代表を努める会社の名義になっていました。ところが、弁護士が詳しく調べてみると、確かにその会社は私の名義で登記されているのですが、実は同じような名前の会社がもう一つ登記されており、そちらはパートナーであったマネージャーの単独所有でした。そして、私の会社の名義と思っていた(彼も私に何度もそう説明していた)ホテルは彼の個人企業のものとして登記されていたのです。

そこのことを弁護士から伝えられたとき、私はすぐには現実を受け入れることができませんでした。それはつまり、ホテルを作ろうと決めた初期の段階から計画的に行われていたことを意味するからです。

  • 彼に初めて出会った時に二人で夢を語ったのは全て嘘だったのか。
  • 協力者してくれた人達への感謝や笑顔もすべて作り物だったのか。
  • オープニングパーティで喜びを分かち合ったのはなんだったのか。

完成したヴィラを眺めながら二人で「遂に完成したね」と喜び合った時、実はその裏では着々と陰謀が進められていたなんて・・・。

ドラッグを仕込んだのは・・・

ずっと二人で一緒に同じ気持ちで歩んできたと思っていたのに、彼は最初からホテルを自分のものにしようと画策をしていた。すぐには受け入れがたい事実でした。

裏切られたことはもちろんですが、それよりも、あの数年間が全てウソだったという事実の方がショックでした。私がホテルをオープンしたいと思ったのは、本当にバリの人達のことを考えていたからです。日本人である私はそう思っていたのに、バリ人である彼は自分のことしか考えいなかった。そのことも非常に残念で悲しいことでした。

これらの事実が明らかになった今となっては、誰が何の目的でドラッグを私の部屋に持ち込んだのかは明白です。ホテルを自分のものにしただけでは満足しなかった彼は、刑務所に送ることで私という存在を消し、全てを自分の思い通りに進めたかったに違いありません。

ドラッグ所持の問題を解決するだけでも大変なのに、もうひとつ、ヴィラの所有権をどうやって取り戻すのかというさらに大きな問題にも直面することになったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。