はじめての方ぜひこちらからどうぞ。

自己否定をやめて、自分を好きになるコツ

love yourself

あなたは「自分のことが好きですか?」と質問されたら何と答えますか?

「大好き!」という人は素晴らしいです。でも、どこかしら嫌いな部分があるという人も少なくないでしょう。
自分を受け入れること、好きになることの大切さは分かっていると思いますが、実際には「わかっちゃいるけどやめられない」というのが現状だと思います。

でも、もしも自分の「ここがイヤだ」と自己否定してしまうことをやめて、そのままの自分を受け入れて、もしもできたら全部を好きになることができると、それだけで人生の幸福度をかなりアップできます。

自分の「ここがイヤ!」という部分があったとしたら、そう思っているのは他ならないあなた自身です。ということは、それを好きになれるかどうかはあなた次第ということです。それでは、どうしたら嫌いな部分を受け入れる事ができるでしょうか。

エネルギーは常に自分に影響する

いつでも、どんなことでも「好き」という感情は気持ちをワクワクさせて、ポジティブなエネルギーを増してくれます。反対に「嫌い」という感情は、落ち込んだり、嫌な気持ちになったりしてネガティブなエンルギーを増やす結果となり、良い影響を与えてはくれません。

例えば、「最近、お腹まわりがポッコリでちゃってイヤだ」と思っているとしましょう。鏡に映る自分の姿を見たら脇腹が気になったり、大好きな服を着ようとしたらちょっとキツかったり、あちこちに余分なお肉がタプタプしてたり・・・。そんな時、なんとなく嫌な感じがしますよね。

まず最初に理解するべきなのは、「自分のことを否定しても、何も良いことはない」ということです。ほとんどの場合、自己否定は無意識なものですが、否定するという行動・意識をすると、それだけでネガティブなエネルギーを生み出して良くない影響を与えます。

無意識な行動のように、目に見えないことは「自分にとっては存在しない」ことと同じですが、仮に無意識だとしても確実に影響を与えています。そんな「自分では意識していない」行動を変える最初のステップは、「そういう行動をしているんだ」ということを意識することです。そうすることではじめて、違う行動を取ることが可能になるのです。

嫌いな部分は、人間関係にも影響を与える

自己否定はエネルギー的に良くないということだけでなく、他者との人間関係にも良くない影響を与えます。

例えば、子供が何人かいる場合、他の子供に比べて特定の誰かに対して特に厳しくしてしまっり、怒っていしまうことが多いケースがあります。そういう行動を取ってしまうとき、その理由のひとつは「その子が一番自分に似ている」ということです。

人は本来、自分の事が一番好きなはずです。でも、自己否定とは、「そんな大好きな自分にも嫌いな部分があってそれを受け入れられない」ということを意味しています。すると、無意識のうちに「大好きな自分でも許せない部分」を自分の子供が持っていることに反応し、ついつい辛く当たってしまうのです。

このような影響は、もちろん子供との関係だけではありません。会社や学校、仲間同士など、誰かと関わる時はいつでも影響します。言い方を変えると、自分を受け入れ、受容することができると、さまざまな人間関係に良い影響を与えてくれるということです。

自己否定の原因のひとつは他者との比較

私は心理学の専門家ではないので、学術的なことはわかりませんが、「自己否定の原因」の一つは、人との比較だと考えています。

私は子供の頃からあまり運動が得意ではありませんでした。小学校の運動会など、できれば出たくなかった方で、中学の時の長距離走などはなんとか理由をつけて休めないかと思ったものです。では、私はどういう理由で「運動が得意じゃない」と思ったのでしょう?

それは「他者との比較」です。

例えば、競走をしたときに「いつもビリ」だと、走る競技が嫌いになってしまいます。それはつまり「他の人と比べて遅い」ことが理由です。

字が下手な人は、それがコンプレックスに感じられることもあるでしょう。でも「字が下手」というのも比較が原因です。「他の人は上手なのに、自分は下手」と比較をするからそう思うのです。仮にあなたが江戸時代やもっと前に生まれていて、まわりの人は誰も字を書けずにあなただけが唯一読み書きできる人だったとしたらどうでしょう。それでもあなたは「自分は字が下手だ」と思うでしょうか?

「隣の芝生は青い」ではないですが、誰でも自分よりも上手くできる人と比較をして、「自分はダメだ」と思ってしまいます。でも、世の中には何らかの理由で歩く事ができない人もいれば、字を書くことができない人もいます。そういう人達に比べたら、それらのことができるだけでも感謝に値するはずです。

世界には70億人以上の人がいますが、自分と同じ人は一人もいません。「違う人同士を比較しても全く意味がない」ということに気付きましょう。

そのこが理解できて、自分の考えのベースにすることができると、自分を否定しなくなるのはもちろん、今まで以上に他者を尊重することができるようになります。

比較しない、そして競わないことです。全員違う個性を持っているということを理解し、全てをありのまま受け入れられると、きっと今よりも豊かで幸せな人生を送ることができるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。